「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

僕がベンチプレスのサムレスグリップを反対する理由。

ベンチプレスでサムレスグリップはやっていいの?

サムレスグリップに変わるおすすめの握り方は?

今回はこの質問に僕の所見でお答えします。

 

僕は1年2か月でベンチプレスのMAX重量を75㎏から120㎏に上げることができました。

そのときのグリップの握り方で感じたことをシェアします。

 

ベンチプレスでのサムレスグリップは反対

 

僕は、ベンチプレスでのサムレスグリップには反対派です。

実際に自分でやったことがありますが、危険性を考えると、やはり普通に握ったほうがいい。

 

サムレスグリップのほうがやりやすいという問題ではありません。

不意のケガのリスクが高いことが問題です。

不意と不注意はちがう

サムレスグリップは、「不意」のケガのリスクが高まります。

「不意」と「不注意」は違います。

「不意の出来事」というように、思いがけず起こるのが「不意」。

一方、「不注意」は注意が足りないことです。

 

(写真:親指はバーに巻くべき)

 

ベンチプレスでのサムレスグリップは、注意していても、何かの拍子にバーを落下させてしまう危険性があります。

「どれだけ注意していても」です。

「手を滑らせないようにする」という意識を強く持っていても、不意の出来事には太刀打ちできません。

 

僕が反対する最大の理由は、ケガのリスクどころか、命に関わる問題だからです。

「大げさだよ」とか「練習が足りないからだよ」と言われても僕はいい。

なぜなら、効率よく大胸筋に効かすよりも、ケガのリスクを最小限にするほうを選択するから。

効率よく大胸筋を育てるなら、しっかり筋肥大できるようなトレーニングメニューを作ったり、フォームを固めるほうに注力します。

安全第一。これに尽きます。

 

僕はこのベンチプレスのフォームで120㎏挙げることができた。

 

ベンチプレスにおけるサムレスグリップのメリット

 

メリットは、狙った筋肉に効かせやすくなるということでしょう。

実際、親指を巻き込むと握力を使ってしまいます。

そうすると、末端の筋肉の働きが強くなってしまいます。

一番鍛えたい大胸筋への刺激が弱くなりかねません。

そういう意味では、サムレスグリップはやはり効率的。

僕も実際、やってみて、大胸筋への意識が強く持てるのは確かでした。

 

けれど、僕はあくまで反対します。

やっぱりケガが怖いから。

 

【ベンチプレスのやり方まとめ】確実にMAX120㎏に伸ばすコツ。

 

ベンチプレスのサムレスグリップをハの字に

 

僕が推奨する握り方は、「ハの字」

サムレスグリップまではいかないですが、この握り方でも大胸筋を十分意識できます。

何よりも、ケガのリスクを最小限にできる握り方だと思っています。

バーの落下だけでなく、手首のケガを防ぐこともできます。

 

ベンチプレスのグリップの「手首が安全でより力が出る」握り方

 

僕は昔、バーに対して垂直に握っていました。

 

(写真:バーを垂直に握る状態)

 

しかしこの握り方では、かなり握力を使ってバーをギュッと握ってしまいました。

 

(写真:バーを垂直に握ると手首が反りやすくなる)

 

けれど、ハの字に変えてから、握力を過剰に使うこともなくなり、手首の窮屈さもなくなりました。

 

(写真:逆ハの字なら手首が反らない)

 

もちろん、手首や腕などの末端への意識が弱まり、大胸筋をよりいしきできるようになりました。

したがって、高重量を扱っても問題ありませんでした。

 

実際、僕はこの握り方でMAX120㎏をまで到達しました。

ベンチプレス上級者から見れば、「120㎏かよ」と思われるかもしれません。

それでも、1年2か月で75㎏から120㎏までMAXを更新できたことを考えると、120㎏くらいならハの字のグリップでも十分できると言えます。

 

【本邦初公開】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを紹介します。

 

あくまでケガのリスクを最小限にして、トレーニングする。

筋トレだけなく、すべてのスポーツに言えることだと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です