「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

知らなきゃ損!ベンチプレスとチェストプレスの違いと効果的なやり方

ベンチプレスとチェストプレスの「違い・メリット・効果的なやり方」が知りたい。

今回はこの質問にお答えします。

 

この記事を読むと。

ベンチプレスとチェストプレスの、それぞれの特徴がわかる。

 

僕は1年2か月でベンチプレスのMAX重量を75kgから120㎏に挙げることができました。

結論から言うと、たくましい胸板を作るのであれば、ベンチプレスでもチェストプレスでも可能です。

僕は、ベンチプレスだけやりましたが…。

 

※この記事の最後に「僕がたった1年2か月でMAXを120㎏まで伸ばしたオリジナルトレーニング」を無料で公開しています。

有料級の記事なので、見る価値ありですよ。

ベンチプレスとチェストプレスの違い

全身運動か部分的運動か

ベンチプレスは、大胸筋を鍛えるイメージがあります。

確かに、大胸筋を一番使います。

けれど、肩回りの筋肉、二の腕の上腕三頭筋、背筋、下半身の筋肉といった全身の筋肉も動員します。

 

チェストプレスは、座って行うため、下半身や背筋をあまり使いません。

その代わり、集中的に大胸筋に刺激を与えることができます。

 

安全性

ベンチプレスは、重りのついたバーを支えなしで持ち上げします。

そのため、バーのバランスをとらなければなりません。

初心者は慣れるまでに時間がかかります。

 

チェストプレスは、あらかじめ決まった軌道を動かすだけなので、バランスをとる必要はありません。

したがって、安定、不安定の観点で見たとき、ベンチプレスのほうが安全により気を配る必要があります。

 

重りの交換

ベンチプレスは、重量を変更したいとき、わざわざプレートを付けたり、はずしたりしなければなりません。

チェストプレスは、マシンの種類によってやや異なりますが、基本的には、ワンタッチで重量の変更が可能です。

 

筋トレは少しでも精神的なストレスをなくしたいところ。

ベンチプレスの重り交換は、正直だるさがあります。

一方、チェストプレスは快適にトレーニングできるので、ストレスもたまりません。

チェストプレスのメリット

 

  • 安全である
  • マシンの軌道に合わせるだけ
  • 初心者に優しい
  • ターゲットの大胸筋に効かせやすい
  • の負担が減る
  • 負荷を設定しやすい
  • 時間を短縮できる

 

もちろん肩甲骨を寄せて胸を張るなど、最低限のフォームの習得は必要です。

けれど、ベンチプレスに比べると、効率よく大胸筋を鍛えることができるのではないかと考えます。

 

【ベンチプレス辞典】確実にMAX120㎏に伸ばすコツとやり方

 

チェストプレスの効果的なやり方

(写真:ベンチプレスで肘を伸ばして数秒休憩するレストポーズ法)

レストポーズ法を効果的に使える

レストポーズ法とは、連続して動かしていた重りを、肘を伸ばした状態でいったん小休止を挟むやり方です。

肘を伸ばした状態で2秒ほど休憩をはさむことにより、1,2回余分に挙げることができます。

そうすることで、大胸筋に負荷をしっかりかけることができ、筋肥大を促すことにつながるのです。

 

ベンチプレスだと、肘を伸ばした状態で休むのは、上から下への重力がかかるので大変です。

それに対してチェストプレスは、肘の曲げ伸ばしが横方向なので、肘を伸ばした状態で重力がかかることがありません。

つまり、チェストプレスでの小休憩は、ベンチプレスに比べて格段にやりやすいということです。

僕がベンチプレスを選んだ理由

 

理由はたった1つ。

ベンチプレスのほうが楽しいからです。

なぜ楽しいか。

それは、達成感があるからです。

 

ベンチプレスには、高い技術が必要です。

難しいベンチプレスでMAX重量を更新できた喜びは、チェストプレスの比ではありません。

高重量を扱えるなればなるほど、胸板も厚くなっていきます。

数値と体の見た目が、どんどん変わってくると嬉しいですよね。

 

一方、チェストプレスは、大胸筋は鍛えられるけれど、今一つ達成感がありません。

決められた軌道を動かすだけで、単調と感じてしまうからです。

 

人間は、ある程度困難な道に挑戦したほうが、苦しみながらも強い楽しさを味わうことができると思います。

僕はただ大胸筋を鍛えるだけでなく、精神的な刺激が欲しかったということです。

 

僕のベンチプレスMAX重量を伸ばしてくれた3種の神アイテム

(写真:良い道具はMAX重量更新をサポートしてくれますよ)

 

僕がたった1年2か月でベンチプレスのMAX重量を75㎏から120㎏に上げられたのは、トレーニングをサポートしてくれた道具のおかげ。

ベンチプレスのMAXを更新したいあなたは絶対手に入れるべきアイテムをご紹介します。

 

神アイテム① トレーニングベルト

ゴールドジム(GOLD`S GYM) ブラックレザーベルト G3367 S 【初心者~中級者】 背当てパッド付 腰 体幹 補助 スクワット ベンチプレス シーテッドローイング ラットプルダウン 【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】 トレーニングベルト

 

ベンチプレスをやるのにベルトをつけていない?

それ、すごくもったいないですよ。

実際にベルトを装着してトレーニングすると、効率の良い力発揮をひしひしと体感できます。

腰痛予防だけでない恩恵を、ぜひ味わってみてください。

 

神アイテム② トレーニンググローブ

ゴールドジム(GOLD`S GYM) プロ トレーニンググローブ S G3407 【初心者~上級者】 フィット感に優れ握りやすいエルゴグリップ形状 ベンチプレス バーベルカール【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】 手の保護

 

ベンチプレスでシャフトを握りすぎると、大胸筋ではなく、肩や腕などの末端の力を大きく使ってしまいます。

そうなると、効率よくMAX重量を更新することができません。

グローブを付けることで余計な握力を使わなくなり、大胸筋により刺激を加えやすくなります。

 

神アイテム③ ベンチプレスの専門書

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)

 

断言できます。

この本を読んでいないのは、ベンチプレスをやる者にとって損してます。

僕がMAX120㎏を達成できたのは、この本のおかげと言っても過言ではありません。

ベンチプレスの世界覇者が監修した内容は、目からうろこでした。

正直、ベンチプレスのMAX重量を伸ばしたいのならこの本だけ読んでおけばOKです。

他の専門書は必要ありませんよ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

完全無料公開!見なきゃ損です。

【有料級】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを無料で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です