「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

ベンチプレスは足首で決まる!?そのフォームの理由をシェアします

こんにちは,hiroです。

僕はベンチプレスを1年2ヵ月でMAX75㎏から120㎏になりました。

今回は、そのときに実践していた「体の反射を利用したフォーム」をシェアします。

こういうやり方もあるんだと、知っていただけたら嬉しいです。

 

※この記事の最後をご覧ください。

「僕がたった1年2か月でMAX120㎏を挙げたオリジナルトレーニング」を無料で公開しています。有料級の記事なので見る価値ありですよ。

 

足背(そくはい)反射とは

(イラスト:足首を反ると、肘を伸ばす力が増す)

 

足背(そくはい)反射というものがあります。

足首もしくは足指をそらすことで、すねの筋肉を収縮させます。

そうすると、すねから腰、腰から肘に力が伝導します。

結果的に、肘の伸展力が上がり、押すパワーが増大するのです。

ベンチプレスの足首を意識したフォーム

(イラスト:足背反射を利用してトレーニング)

 

ベンチプレスでは、下半身でしっかり踏ん張るために、脚の裏を床にしっかりつけます。

ですが、あえて、足首、もしくは、足の指を反らすのです。

先ほど説明した足背反射により、肘を伸ばす力が増大するからです。

 

特にキツくなってきたときこそ、足背反射でバーを押す力を強めてやります。

そうすることで、ラスト1回を踏ん張って挙げることができるのです。

 

僕はこのベンチプレスのフォームで120㎏挙げることができた。

実際にベンチプレスで足首を反らしてやってみた

(写真:僕も上級者のフォームを参考にした)

 

僕は実際に足首、足指を反らして実践してみました。

しかし、大きく足首を反らすと、かかとだけ床についた状態になります。

そうすると、足腰が不安定になり、逆に力が出せなくなりました。

 

反らすのであれば、最初は足指を反らすことをおすすめします。

慣れてきたら、少しずつ、足首を反らしていくと良いでしょう。

 

ベンチプレスを1年間死ぬ気でトレーニングして得たコツ10選。

足背反射のコツ

(イラスト:足首を反るために、プレートを半分踏む)

 

ベンチプレスをするときに、おもり(プレート)を足元に置くといいかもしれません。

土踏まずから足指をプレートに乗せて、自然に足首を反る環境にしてやるのです。

そうすることで、自分で意図的に足首を反らさなくても良くなります。

ただし、プレートが床からずれないように注意しましょう。

ベンチプレスの上級者は自然と反っている

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

競技でベンチプレスをする人のフォームを、よく観察してみてください。

背中のアーチに目が行きがちですが、足元に注目。

足の裏をしっかり地面につけながらも、足首が反っているのがわかると思います。

 

無意識でも、足背反射が起きるようなフォームになっています。

おそらくは、背中にアーチを作る過程で、足首が反る位置に置かれるのだと思います。

 

【ベンチプレスのフォーム】僕が120kg挙げた時のブリッジの作り方

 

足首を反らすことを意識するよりも、ベンチプレスの上級者のフォームを身につけるほうが、効率が良いかもしれませんね。

家トレでフォームを作ろう

(写真:8畳の部屋にセミダブルのベッドを置いてもできますよ!)

 

ベンチプレスは人気種目です。

ジムでは多くの人がトレーニングします。

あなたの番まで時間がかかります。

それってストレスたまりませんか?

 

家トレならストレスなくベンチプレスできます。

僕は、ナローベンチ台と160㎝のシャフトで100㎏をガンガン挙げていました。

「いつでも、どんなときでも」です。

 

120㎏を挙げた僕は、家トレ用の器具がそろっている有名なメーカーのファイティングロードをおすすめします。



トレーニング用品ならFIGHTING ROAD

 

家にいながらも筋肉を鍛えることができるのは、嬉しいですよね。

ぜひ、家トレしましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

完全無料公開!MAX120㎏を挙げたい人必見です。

【有料級】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを無料で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です