「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

ベンチプレスは足首で決まる!?そのフォームの理由をシェアします

こんにちは,hiroです。

僕はベンチプレスを1年2ヵ月でMAX75㎏から120㎏になりました。

今回は、そのときに実践していた「体の反射を利用したフォーム」をシェアします。

こういうやり方もあるんだと、知っていただけたら嬉しいです。

 

※この記事の最後をご覧ください。

「僕がたった1年2か月でMAX120㎏を挙げたオリジナルトレーニング」を無料で公開しています。有料級の記事なので見る価値ありですよ。

 

足背(そくはい)反射とは

(イラスト:足首を反ると、肘を伸ばす力が増す)

 

足背(そくはい)反射というものがあります。

足首もしくは足指をそらすことで、すねの筋肉を収縮させます。

そうすると、すねから腰、腰から肘に力が伝導します。

結果的に、肘の伸展力が上がり、押すパワーが増大するのです。

ベンチプレスの足首を意識したフォーム

(イラスト:足背反射を利用してトレーニング)

 

ベンチプレスでは、下半身でしっかり踏ん張るために、脚の裏を床にしっかりつけます。

ですが、あえて、足首、もしくは、足の指を反らすのです。

先ほど説明した足背反射により、肘を伸ばす力が増大するからです。

 

特にキツくなってきたときこそ、足背反射でバーを押す力を強めてやります。

そうすることで、ラスト1回を踏ん張って挙げることができるのです。

 

僕はこのベンチプレスのフォームで120㎏挙げることができた。

実際にベンチプレスで足首を反らしてやってみた

(写真:僕も上級者のフォームを参考にした)

 

僕は実際に足首、足指を反らして実践してみました。

しかし、大きく足首を反らすと、かかとだけ床についた状態になります。

そうすると、足腰が不安定になり、逆に力が出せなくなりました。

 

反らすのであれば、最初は足指を反らすことをおすすめします。

慣れてきたら、少しずつ、足首を反らしていくと良いでしょう。

 

ベンチプレスを1年間死ぬ気でトレーニングして得たコツ10選。

足背反射のコツ

(イラスト:足首を反るために、プレートを半分踏む)

 

ベンチプレスをするときに、おもり(プレート)を足元に置くといいかもしれません。

土踏まずから足指をプレートに乗せて、自然に足首を反る環境にしてやるのです。

そうすることで、自分で意図的に足首を反らさなくても良くなります。

ただし、プレートが床からずれないように注意しましょう。

ベンチプレスの上級者は自然と反っている

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

競技でベンチプレスをする人のフォームを、よく観察してみてください。

背中のアーチに目が行きがちですが、足元に注目。

足の裏をしっかり地面につけながらも、足首が反っているのがわかると思います。

 

無意識でも、足背反射が起きるようなフォームになっています。

おそらくは、背中にアーチを作る過程で、足首が反る位置に置かれるのだと思います。

 

【ベンチプレスのフォーム】僕が120kg挙げた時のブリッジの作り方

 

足首を反らすことを意識するよりも、ベンチプレスの上級者のフォームを身につけるほうが、効率が良いかもしれませんね。

僕のベンチプレスMAX重量を伸ばしてくれた3種の神アイテム

(写真:良い道具はMAX重量更新をサポートしてくれますよ)

 

僕がたった1年2か月でベンチプレスのMAX重量を75㎏から120㎏に上げられたのは、トレーニングをサポートしてくれた道具のおかげ。

ベンチプレスのMAXを更新したいあなたは絶対手に入れるべきアイテムをご紹介します。

 

神アイテム① トレーニングベルト

ゴールドジム(GOLD`S GYM) ブラックレザーベルト G3367 S 【初心者~中級者】 背当てパッド付 腰 体幹 補助 スクワット ベンチプレス シーテッドローイング ラットプルダウン 【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】 トレーニングベルト

 

ベンチプレスをやるのにベルトをつけていない?

それ、すごくもったいないですよ。

実際にベルトを装着してトレーニングすると、効率の良い力発揮をひしひしと体感できます。

腰痛予防だけでない恩恵を、ぜひ味わってみてください。

 

神アイテム② トレーニンググローブ

ゴールドジム(GOLD`S GYM) プロ トレーニンググローブ S G3407 【初心者~上級者】 フィット感に優れ握りやすいエルゴグリップ形状 ベンチプレス バーベルカール【ゴールドジム正規品 ゴールドジムトレーナー愛用】 手の保護

 

ベンチプレスでシャフトを握りすぎると、大胸筋ではなく、肩や腕などの末端の力を大きく使ってしまいます。

そうなると、効率よくMAX重量を更新することができません。

グローブを付けることで余計な握力を使わなくなり、大胸筋により刺激を加えやすくなります。

 

神アイテム③ ベンチプレスの専門書

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)

 

断言できます。

この本を読んでいないのは、ベンチプレスをやる者にとって損してます。

僕がMAX120㎏を達成できたのは、この本のおかげと言っても過言ではありません。

ベンチプレスの世界覇者が監修した内容は、目からうろこでした。

正直、ベンチプレスのMAX重量を伸ばしたいのならこの本だけ読んでおけばOKです。

他の専門書は必要ありませんよ。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

完全無料公開!かなり有益です。

【有料級】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを無料で紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です