「本気の育毛日記」2周年!真実を伝えます

【レビュー】AirPodsのマイクでの電話は超快適。NO.1のイヤホン間違いなし。

こんにちは,hiroです。

今回は,アップル製品の「AirPods」のレビュー。

 

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

 

個人的に,今まで使ったイヤホンの中でNO.1でした。

 

※2020年追記:ついに寿命が来たようです。どのくらい使ったら寿命が来たのかはこの記事の最後あたりに書いてありますので、ぜひご覧ください。

 

Air Podsのマイクで通話してみた結果

(写真:普通にスマホを耳に当てているときのような音質でした)

 

僕はある日,粗大ごみを捨てようと,Air Podsを装着して,受付センターに電話しました。

捨てる予定の粗大ごみを,スタッフに伝えているときでした。

スタッフが「その机は,幅何センチですか?」と聞いてきたのです。

事前にサイズを測っていなかった僕は,焦りました。

すぐにメジャーを準備し,サイズを測りました。

 

すると,ふと気づきました。

「普通に電話しながら作業できるじゃん!」

Air Podsをつけて電話をすると,スマホを耳にあてなくてもよくなります。

すると,今までふさがれていた片手が自由になりました。

 

結果,電話をしながら何か作業をするのがストレスフリーになりました。

これは個人的に,かなり重要なこと。

片手がふさがれる状況は,かなりストレスを感じていたからです。

通話が途切れることもなく,音量も調節できるので文句なし。

特に,長電話するときや,何か作業しながら電話するときにもってこいですね。

Air Podsは完全ワイヤレスイヤホン

 

わずらわしい線がないので,ストレスを感じません。

出かけるときも,かなり開放感がありました。

 

僕は以前,有線のイヤホンをつけてバスに乗っていました。

バスから降りるとき,イスの角に線をひっかけてしまったことがあります。

後ろがつっかえていたので,かなり恥ずかしい思いをしました。

Air Podsに変えてから,線をひっかける心配をしなくてよくなりました。

常に線を気にしていたストレスが無くなっただけでも,かなり快適です。

 

散歩やジョギングなどの運動にも大活躍ですね。

防水ではないと思いますが,汗だくにならない限り大丈夫だと思います。

それよりも,線を気にせず運動できるというメリットのほうが圧倒的に大きいです。

Air Podsのアマゾンでの評価の高さ

2019年7月現在のレビューです(※第1世代のAir Pods)。

アマゾンの評価
999件の総合評価
(4.5)

999件の評価で,平均が4.5という評価。

これは,かなり評価が高いといえます。

 

レビューの数も多いので,ある程度この評価は信頼できます。

それほど,AirPodsはかなり性能が良いということですね。

Air Podsの音質は問題なし

僕個人は,音質はあまり気にしません。

ノイズキャンセリング機能はありませんが,それでも集中して音楽を聴くことができました。

ノイズキャンセリングの良さを感じたことのある人は,やや物足りないかもしれません。

 

僕もその一人でしたが,Air Podsを使い続けていたら,慣れちゃいました。

音質が悪いとは,感じないと思います。

Air Podsは聞こえにくい?

 

完全ワイヤレスの弱点として,接続が途切れるというのがあります。

僕は以前,ソニーの完全ワイヤレスイヤホンを使っていました。

そのイヤホンは,家で使う分には問題ないのですが,外で使うとちょっと首を横にずらしただけで,音切れしていました。

正直,かなりストレスでしたね。

 

けれどAirPodsは,外で使っても一度も音が途切れていません。

電車の中で使っても,問題ありませんでした。

安いワイヤレスイヤホンは,音途切れが激しい可能性があります。

ソニーのイヤホンでさえ,途切れましたから,安いものを買うときは注意が必要です。

うどんではない

 

某ユーチューバーが,AirPodsをつけた状態を,「うどんみたい」と言っていました。

正直,僕もこの言葉を聞き,購入するか迷ったことがあります。

結論からいうと,全く気になりません。

 

先日,駅のホームでAirPodsをつけた女性を見つけました。

その女性を見ても,うどんみたいとは思いませんでした。

第一,うどんに見えるというのは,正面から見たときだけの話。

日常で,正面の顔だけを見続けることなんてありません。

うどんみたいといって,気にする必要は全然ないと思います。

耳に負担がない

AirPodsは,インナーイヤー型のイヤホンです。

インナーイヤー型は,カナル型のイヤホンと比べて,耳の負担が少ないと思います。

カナル型は,耳の奥まで入れるので,少し窮屈。

長時間付けたままだと,耳が痛くなることもあります。

 

それに比べて,耳にの穴に軽く入れるだけのインナーイヤーは,密閉感はなくなりますが,耳の負担がかなり軽減すると思います。

僕は普段,イヤホンを3時間以上つけ続けることが多いです。

その経験から,長時間付けるならインナーイヤー型のほうが良いと思いました。

 

【たった3ステップ】完全ワイヤレスイヤホンが耳から外れない付け方

YouTubeの動画の遅延は?

パソコンで見たときは,動画の遅延は一切ありませんでした。

スマホは,ほんのわずかに遅延が発生しました。

けれど,全く気にするレベルではありません。

蚊に刺されたのも気づかないのと同じレベルです。

結論からいうと,音ズレはないと思っていいと思います。

 

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

AirPods以外のイヤホンと比較

AirPodsは,1万円以上します。

「さすがに手が出ない。安いものにしよう」

それ,ちょっと待った。

AirPodsに似た安い製品は,確かにあります。

けれど,性能はかなり劣る可能性がある。

特に,音切れや,操作のストレスがあるかもしれません。

 

コスパの良いイヤホンを探すのもいいですが,高くても評価の高いものを購入するのと,安心感があります。

AirPodsのデメリット

メリットばかり話しても仕方ありません。

僕が感じたデメリットをご紹介します。

小さすぎて無くしそう

ケースがめちゃくちゃコンパクトです。

これは,持ち歩くときにかさばらないメリットです。

けれど同時に,小さすぎて,無くす可能性があります。

 

僕も,カバンの中を探ったとき,「あれ,どこいった?」ということがよくあります。

まぁ,用心すれば大丈夫だと思いますけども。

耳に合わない場合あり

知り合いが,「耳から外れる」と言っていました。

僕はジャストフィットしているので,頭を振っても取れることはありません。

 

けれど中には,耳に合わない人もいるようです。

大抵の人は大丈夫だとは思いますが,家電量販店で同じ形状のものを試しにつけてみるといいでしょう。

音質が軽い

僕は気になりませんが,音質が軽いと感じることもあるようです。

音量を大きくすると,シャカシャカ音に聞こえる場合もあるかもしれません。

 

音質にこだわる人は,ノイズキャンセリングや,低音を出す機能がついているイヤホンのほうが向いている可能性があります。

一般的に使う分には,まったく気にならないレベルですけどね。

Air Podsはバッテリーが長持ち

 

バッテリーがなくなるのを気にしなくても良いです。

1回の充電で,5時間使えます。

さらに,ケース自体で複数回充電できます。

充電切れのストレスは一切感じませんよ。

しかも,たった15分の充電で3時間再生できるらしい。

バッテリーに関しては,文句なしだと思います。

 

2020年追記:バッテリーの寿命について

2020年9月現在、AirPodsの電池がもたなくなりました。

具体的には、1回の使用で1時間弱。

しかも、両耳同時ではなく、左耳だけ減りが早かったです。

さらに、急に音切れすることもありました。

 

AirPodsを購入したのが、2018年7月21日。

この記事を書いているときが、2020年9月20日。

かれこれ、2年2か月で寿命が来たということです。

 

早いか遅いかというと、遅いという感覚です。

ほぼ毎日使っていたので、感覚的に2年2か月は長かったような感じがします。

バッテリーは消耗品。

いつかは使えなくなるのはわかっているので、潮時として納得しています。

 

価格は当時、17280円でした。

あのころは高いなぁと思いましたが、今思うと、価格以上の価値があったイヤホンです。

そして、確実にリピ買いします。

AirPodsの個人的評価は100点満点

僕の評価
ストレスフリー
(5.0)
音質
(4.0)
音切れのなさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

今まで使ったイヤホンの中で,間違いなくNO.1。

やや値は張るものの,買って後悔していません。

 

毎日音楽を聴いているので,ストレスフリーで手軽につけられるイヤホンは必須です。

小さなストレスに気を配った良品だと思いました。

購入を迷っている方,買って損はないですよ。

AirPodsで「聴く読書」



 忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

 

最近では、「聴く読書」がジワジワと人気を集めているのを知っていますか?

本を手に持つ必要がなく、通勤や通学、家事、運動中のあらゆるシーンで活用できます。

 

その他にも耳が空いているスキマ時間に、ベストセラーや自分の興味がある本をサクサク聴けます。

なんと、小説も音声で聴けるのだから、驚きです。

 

あなたも、ながら読書ができる「オーディオブック」の本を買ってみてはいかがですか?

 

興味があるあなたは、一度サンプルを聴いてみると良いですよ。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です