「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

リアップの液体が汗で頭皮から流れるのを阻止する方法はこれだ!

  • リアップの液体がで流れないようにするには?

今回は、この質問にお答えします。

 

この記事を読むと。

  • リアップの液体を汗で流さないための対策がわかる

 

僕は、リアップのみで「発毛・育毛」にチャレンジして1年たちます。

1年で、かなりの成果を感じることができました。

その経験を踏まえて、情報をシェアします。

 

リアップにおける汗の対策方法

汗をかく前にリアップを付ける

大前提として、リアップは頭皮がしっかり乾いた状態で付けることが大切です。

汗だけでなく、風呂上がりの濡れた髪の毛もしっかり乾かす必要があります。

 

朝の付け方

朝起きたら、なるべく早くリアップを塗りましょう。

特に、夏場の出勤中は、汗をかきやすいです。

汗をかく前に朝のリアップを済ませるために、朝起きた直後に付けられるとベストですね。

 

夜の付け方

夜の風呂上りは、体が温まっているので、汗をかきやすい時間です。

しっかりドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。

寝る直前にリアップを塗るのはおすすめしません。

理由は、枕にリアップの液体が付着してしまうからです。

そうすると、せっかく塗ったリアップが枕に吸い取られてしまいます。

風呂から出て、髪の毛が乾いたらすぐに付けることをおすすめします。

 

汗をかかないための方法

冷房を使う

夏場は、汗が流れ落ちてきます。

リアップを付けた後で汗が流れると、薬液も一緒に流れ落ちてしまいます。

そうならないように、部屋にいるときは、冷房を使いましょう。

 

扇風機を使う

夏場は、扇風機で汗を飛ばしましょう。

僕は夜、風呂から出た直後に扇風機で髪の毛を乾かしています。

もちろんドライヤーも使いますが、扇風機で頭の体温を下げるのが目的です。

風が髪の毛に当たることで、汗が流れる確率が下がります。

リアップを塗る前に扇風機で髪の毛を乾かすことは経験上、とても有効でした。

リアップが汗で流れないための最大のポイント

 

ポイント

リアップの液体が頭皮に浸透するまでの「1~4時間」の間に、いかに汗をかかずにいられるか。

 

夏場は、難しいです。

けれど、そこを努力することで、リアップの効果が小さくなることを防げます。

 

リアップは、頭皮に付けてから浸透するまでに時間がかかります。

それを踏まえて言えることは、「汗をかく前に、できるだけ早くリアップをつけること」です。

 

冷房の部屋で仕事ができるのであれば、問題ありません。

けれど、外仕事の人は、夏場の汗は防ぐことができません。

むしろ汗をかかないと、熱中症のリスクが高まります。

 

外仕事の人は、「汗から逃げる」考えを持つのが一番の対処法です。

汗から逃げるために、汗をかかない時間を狙ってリアップを塗ると良いでしょう。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

 

【第1類医薬品】リアップX5 60mL

 

「本気の育毛日記」はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です