「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

リアップが足りない!1回分の液を有効的に使う付け方

  • リアップの1回分の量が全然足りない
  • そんな中で「発毛・育毛」するにはどうしたらいいの?

今回は、この質問にお答えします。

僕は、リアップのみの「発毛・育毛」にチャレンジして1年たちます。

そして、しっかり効果を実感できました。

リアップの1回分の量は1mLです。

この少ない量を有効的に使う方法をシェアします。

 

リアップの液が足りないときに有効な付け方

 

  • 一番生やしたいところに徹底的に塗る
  • ゆっくりトントンして正確に塗る
  • 液だれしたら、指ですくって再利用する
  • 発毛・育毛を実感したら次の場所を重点的に塗る

 

一番生やしたいところに徹底的に塗る

あなたが一番生えてほしいところはどこですか?

そこを徹底に攻めましょう。

僕の場合、M字ハゲが進行しないように、左右のおでこの生え際が一番生えてほしい場所でした。

重点的に生え際に塗ったことにより、産毛が生えてきました。

 

 

(写真上:リアップを始める前のデコの生え際)

(写真下:リアップを初めて11か月後の生え際)

 

頭全体に塗ることは、不可能です。

1mLという量を有効的に使うには、局所集中的に使うのが一番です。

 

ゆっくりトントンして正確に塗る

髪の毛が生えてほしいところに、正確に当てることが大切です。

そのためには、リズムよくトントンと付けるより、1回1回的を外さない付け方をすべきです。

つまり、スピードよりコントロールが大事ということ。

スピードを上げると、同じところに塗ってしまう可能性があります。

なるべく、数センチ間隔で当てられるようにコントロールをつけましょう。

 

液だれしたら、指ですくって再利用する

 

頭皮が十分に乾いていない場合、液がおでこに垂れてきます。

僕の場合、おでこの生え際につけていたので、毎回垂れます。

そんな時は、垂れてきた液を指ですくって、まだ塗れていない箇所につけることをおすすめします。

少しでも、リアップの効果にあやかりたいですからね。

1滴たりともムダにできません。

 

発毛・育毛を実感したら次の場所を重点的に塗る

 

ある程度、自分が生えてほしいところに効果が見られたら、次に生えてほしいところを重点的に付けていきます。

僕の場合、最初はおでこの生え際に重点的に付けていました。

そして、産毛が徐々に生え、1年経過するころには、その産毛が1本の黒い髪の毛に育ちました。

今までオデコばかり攻めていたので、つむじ部分はおろそかでした。

実際、つむじの薄毛はあまり改善していません。

そこで次は、頭頂部を重点的に当てることにしました。

 

今度は、頭頂部の「発毛・育毛」効果を最大限に引き出そうという狙いです。

ただし、この方法には2つの注意点があります。

  • 今付けているところの髪の毛がしっかり育ったと思ったら、次生やしたいところに重点的に付けること。
  • 次の狙う場所に液をたくさん付けるが、今まで付けてきた場所も多少はアプローチすること。

「発毛・育毛」は長丁場です。

この方法が機能するのは、早くて1年後くらい。

そして、今まで塗っていたところを塗らなくなったら、抜け毛が増えるかもしれません。

その可能性を小さくするために、少しの液体は今まで塗っていたところに回しましょう。

リアップが足りないならば、塗り方が大切になる

 

以上、リアップの液体を有効的に使う方法を説明しました。

その他にも、効果を引き出す塗り方があるかもしれません。

いろんな工夫ができると思います。

自分なりにアレンジできるといいですね。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本気の育毛日記はこちら!

 

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション 60mL

 

【第1類医薬品】リアップX5 60mL

こちらの記事もおすすめ!

【僕のリアップx5の使い方】7つの工夫が発毛効果をもたらした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です