「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

【ネタバレ感想】武士道エイティーン(誉田哲也作)は、なんでこんな情が揺さぶられるんだろう…。

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「武士道エイティーン」を読んだ感想を書きます。

 

武士道エイティーン (文春文庫)

 

最初から最後まで、僕の情が揺さぶられっぱなしでした。

 

【ネタバレ感想】武士道エイティーンを読んで

ざっくりとあらすじ

それぞれの武士道を追求する「甲本早苗」「磯山香織」

お互いを尊敬しあう二人が、ついに全国の舞台で闘うことに。

これまで歩んできた、自分たちの道すべて。

その集大成が込められた二人の竹刀が、力強くしなやかにぶつかり合う。

 

情が揺さぶられっぱなし

今回は、早苗と香織の物語を主軸に、オムニバス形式で、話が進んでいく。

  • 早苗のお姉さんの恋物語。
  • 福岡南の指導者である吉野先生
  • 香織にあこがれを抱く後輩、田原美緒。

それぞれの物語が、色濃く描かれている。

 

なんだろう。

僕は、この小説を読んでいると、自分の中の情が揺さぶられ続けていることを感じた。

「共感」とはまた違う感覚。

一人一人の生き様を目の当たりにして、揺さぶられた情。

みんな、もがき苦しみがらも、自分の武士道を追求していく姿勢に感動したのかもしれない。

 

自分の武士道とは何か

僕は物語を読みながら、自身の武士道は何かを考えてみた。

けれど、何も思い浮かばなかった。

自分の歩む道すら見えていない状態。

少し、悔しかった。

少しじゃないな、すごくだな。

そんな自分と小説の登場人物を、比べてしまった。

 

僕がこの小説を読んで一番感じた「情」は、「ねたみ」からくるものかもしれない。

必死に生きる登場人物を見て、感化されたのだと思う。

 

高校生諸君,スポーツ小説「武士道シックスティーン」は超おすすめ。

 

やっぱり香織はずるい

物語の結末。

ラストシーンで、香織の成長ぶりがまた感じられた。

前作「武士道セブンティーン」で、早苗の心の迷いを断ち切ってくれた香織。

今回も、早苗の心の奥深くに根付く「わだかまり」を、すくい上げてくれたのではなかろうか。

早苗は、不器用ながらも自分を支えてくれる香織に「ずるいよ…」というセリフを言う。

その言葉は、香織のやさしさに気づいて発せられたものではなかろうか。

 

【ネタバレ感想】武士道セブンティーン(誉田哲也作)を読んで、香織の優しさの中にある強さに目を奪われた。

 

青春の一コマに収めきれない

僕はこの二人のやりとりをみて、青春の一コマだけでは済まない偉大なシーンだと感じた。

香織の最後のセリフ。

「あたしは一人でも、お前と一緒に戦い続けるぞ」

最後の最後で、僕の情がブワッてあふれ出した。

 

今後の、二人の人生が楽しみだ。

それぞれの武士道で、どんな人生を歩んでいくのか。

恐縮ながら見守っていきたい、そんな次第。

 

武士道エイティーン (文春文庫)

 

さて、次は「武士道ジェネレーション」だ。

大人になった早苗と香織の物語を、心に刻んでいこう。

 

武士道ジェネレーション (文春文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です