「本気の育毛日記」継続中!(2019/8/12更新)

「30歳になるとやせにくくなるよ」と言われる理由は太ももにある

こんにちは、hiroです。

今回は、スポーツトレーナー時代に学んだ、「加齢の影響を一番受けやすいのは、太ももの筋肉」というお話です。

 

30歳を過ぎると太ももの筋肉が落ちる

 

加齢とともに、筋肉は落ちていきます。

その中でも特に、太もも全面の筋肉はほかの筋肉に比べて、落ち度が大きくなります。

そして、30歳から50歳までの筋肉の落ち具合が大きいのが特徴です。

 

30歳という比較的早い年齢から太ももの筋肉が、なぜ落ちてしまうのか。

それは、身体活動の低下にあります。

 

学生時代は、部活動で活発に動いていたのが、加齢とともに、運動する機会が減ります。

そのため、筋肉の刺激が小さくなってしまうのです。

 

逆に、筋力トレーニングなどでしっかり太ももの筋肉を鍛えてやると、落ち具合を抑えることができます。

太りやすく、やせにくくなる

 

30歳を超えると痩せにくくなる大きな理由。

それは、太ももの筋肉の低下が原因の一つです。

 

太ももの筋肉は、ほかの筋肉に比べて大きい。

そのため、筋肉から生み出す基礎代謝量も多くなります。

 

しかし、筋肉が落ちてしまうことにより、これまで最前線で活躍していた基礎代謝量が減少してしまいます。

 

基礎代謝が落ちれば、消費カロリーが減ります。

今まで通りの食事を続けていると、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまう可能性があるのです。

当然、摂取カロリーのほうが大きければ、体に脂肪が蓄積してしまいます。

 

ダイエットをしても、なかなかやせられないのは、太ももの筋肉が落ちたことによる基礎代謝量が低下するのが原因の一つです。

 

逆に、太ももの筋肉をしっかり鍛えてやると、基礎代謝量の減少を防ぐことができます。

つまり、太ももの筋肉が大きければ、「太りにくく、やせやすい」体質にすることができるといえるでしょう。

太ももを鍛えるにはスクワットが効果的

 

太ももの筋肉を鍛えるのは、やはり筋トレが一番です。

ウォーキングやジョギングでは、あまり鍛えることができません。

 

筋トレの種類で一般的なのは、「スクワット」です。

バーベルなどの重りがなくても、自重のみでもしっかり鍛えることができます。

 

 

さらにスクワットは、全身運動です。

一番鍛えられるのは、太もも全面ですが、全身の筋肉も使っています。

そのため、体全体の筋肉を鍛えられるので、基礎代謝量のアップも期待できます。

 

【スクワットフォームの正しいやり方】必ず注意してほしい1つのこと

 

基礎代謝が上がれば、消費カロリーが増えるので、脂肪燃焼効率も上がります。

したがって、スクワットで太ももの筋肉をしっかり鍛えることで、加齢に伴い痩せにくくなる体質を改善できる可能性があるということです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ショップジャパン 【公式】 スクワットマジック [メーカー1年保証付] 脚部 臀部 トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です