「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ダイエットの運動による部分痩せは不可能!ただし○○の場合のみ。

  • ダイエットで運動したら部分痩せはできるの?

今回は、この質問にお答えします。

この記事を読むと。

  • 部分痩せができないという事実がわかる。

僕は、大学院で「運動生理学」を専門としていました。

さらに、トレーナーとしてダイエット指導にも関わってきました。

そのときに得た、貴重な情報をシェアします。

 

ダイエットの運動で部分痩せは不可能

 

結論から言うと、ダイエットで部分痩せはできません。

ここで言う「部分痩せ」とは、部分的な脂肪を落とすことです。

つまり、ダイエットによる脂肪の部分痩せはできないということです。

ダイエットの運動の部分痩せを否定した実験

 

なぜ、部分痩せができないのか。

僕の実体験をご紹介します。

僕は以前、国体選手の体力測定を行っていました。

そのときに、同僚が以下の仮説を立てました。

  • 特定の部位をよく使うアスリートは、その部位の脂肪が少ないのではないか。
  • つまり、よく使う部分の脂肪は少なくて、使わない部分の脂肪は、多いということ。

そして、アスリートの脂肪厚を、超音波機器で測定してみました。

結論は以下のとおりでした。

実験結果
測定したすべてのアスリートは、よく使う部位の脂肪の厚さは、使わない部位の脂肪の厚さと変わらなかった。

その時のアスリートは、フェンシングの選手たちでした。

フェンシングは、下半身の筋力をフル稼働します。

さらに、片足を思いっきり前に踏み込んで剣をさばくため、「片足の筋肉がもう片方に比べて太くなる」という傾向があります。

 

「良く筋肉が使われる片足は、脂肪が少ないのではないか」

そう仮説を立てた結果、脂肪の厚さは変わらなかったのです。

それも一人だけではなく、測定した約20人が同じ結果になりました。

部分的にスタイルをよくするには

 

その部位の筋肉を「しっかり動かすこと」をおすすめします。

例えば、二の腕だったら、二の腕を動かす筋トレをします。

ウエストを細くしたいのなら、ドローイングなどがあります。

このように、筋肉をしっかり動かしてやることで、そこの部位が、引き締まって見えるのです。

スポーツ選手を観察しよう

 

スポーツ選手の筋肉のつき方を見てみましょう。

例えば、陸上短距離選手の女性。

全力で走るということは、下半身に筋肉がつきますよね。

けれど、スタイルが良く見えます。

特に、全国レベルの選手であればあるほど、下半身に筋肉がついているのに、スタイルが良く見えるのです。

走るという動作は、太ももの裏の筋肉と、お尻の筋肉をよく使います。

太ももの前の筋肉も使いますが、裏側のほうがよく使われます。

実際、短距離選手のお尻を見てみると、キュッと上に引きあがっていることがわかると思います。

短距離走では、スタイルの良さの観点から見ると、効率的といえるでしょう。

 

水泳選手を見てください。

水泳選手は上半身をよく使います。

そのため、肩幅が広く見えませんか?

上半身が逆三角形になるような筋肉の使い方をしているのです。

このように、競技によって、使う筋肉は違い、それによってスタイルも異なります。

ダイエットの運動の部分痩せのまとめ

 

結論

脂肪燃焼による部分痩せはできない。

筋肉を使うことによって、スタイルをよくすることはできると考えられます。

このことから、部分的に痩せたい人は、「ダイエットで全身の脂肪を燃焼しつつ、筋トレで、その部位を動かしてやる」といいかもしれませんね。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

1日1分で腹が凹む

 

井藤漢方製薬 短期スタイル ダイエットシェイク 10食分 25gX10袋

あなたにおすすめの記事はこちら!

2時間ウォーキングダイエットの効果と痩せる歩き方、やり方をシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です