「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ダイエットの運動のモチベーションを上げる方法はこの15個を試してみて!

  • ダイエットが続かない…
  • どうしてもやる気が起きない…
  • モチベーションを上げる方法を教えて!

そんなあなたにピッタリの記事です。

この記事を読むと。

  • ダイエットのモチベーションを上げる15個の方法がわかります。

僕は、3か月で15㎏のダイエットに成功しました。

その時の実際にやって効果のあった方法をシェアします。

 

ダイエットの運動のモチベーションを上げる方法

 

  1. 目的を明確に決める
  2. 目標を細かく決める
  3. ダイエット方法を決める
  4. 退路を断つ
  5. 自撮り写真をスマホの待ち受けにする
  6. 毎日、を見る
  7. 薄着で過ごす
  8. 毎日、お腹の脂肪をつかむ
  9. 少しでも体重が減ったら、超喜ぶ
  10. ライバルの姿を思い浮かべる
  11. 好きな人を思い浮かべる
  12. 高らかに宣言する
  13. 自分へのご褒美を決めておく
  14. パーソナルトレーニングジムに行く
  15. 先人の知恵を学ぶ

1.目的を決める

 

「そもそも、なんでやせたいのか?」

自分のなりたい姿を、明確に決めましょう。

「なんとなくやせたい」は絶対に続きません。

目的を決めたら、紙に書いて、食事前に読み上げましょう。

目で見て、耳で聞くことで、自分の潜在意識に「なりたい姿」を落とし込みます。

 

2.目標を決める

 

数字を使いましょう。

例えば、体重を○○キロ落とす。

ウエストを○○センチにする。

グラム単位、ミリ単位で具体的に決めましょう。

その方が、身近に感じることができます。

 

3.ダイエット方法を決める

 

ダイエット方法を、あらかじめ決めましょう。

食事制限、運動などなど。

おすすめは、行動療法を用いたダイエット。

グラフ化体重日記や、カムカムダイエットが効果抜群ですよ。

詳しくはこちら!

なぜダイエットグラフを記録すると良いのか。僕の成功体験をシェア。 【体験談】カムカムダイエットのやり方と効果の検証。

 

4.退路を断つ

 

家にある食べ物を、なくしましょう。

何か食べ物があると、小腹がすいた時に手が出てしまいます。

特に、簡単に食べられるお菓子などは超危険。

必要な時に必要な分だけ食事をするように、心がけましょう。

 

5.自撮り写真をスマホの待ち受けにする

 

自分のたぷんたぷんのお腹や、全身画像をスマホの待ち受けにしましょう。

毎日スマホの待ち受けを見ることは、自分へのいましめになります。

自分のたるんだ体を毎日見ることほど、不快なことはないですよね。

 

6.毎日鏡を見る

 

スマホ同様、毎日鏡を見ましょう。

特に、姿鏡で全身を映しましょう。

毎日鏡を見ていると、シルエットを確認できます。

ダイエットは、体重が変わらなくても、シルエットだけ変わることがあります。

数字では表れない嬉しい変化を逃さないために、毎日鏡を見てください。

 

7.薄着で過ごす

 

自分のシルエットを隠す洋服は、着ないようにしましょう。

できれば、薄着で、ズボンはベルトを着ける。

ワンサイズ小さなTシャツを着てみるのもいいでしょう。

 

8.毎日、お腹の脂肪をつかむ

 

お腹の脂肪が気になるなら、毎日つかんであげましょう。

つかんだときの体の痛みを、心の痛みを、あなたは忘れてはいけません。

ダイエットのやる気が落ちてきたときに、思いっきりつまんでやりましょう。

 

9.少しでも体重が減ったら、超喜ぶ

 

体重が100gでも落ちたら、大げさに喜びましょう。

100gはほとんど誤差。

ですが、一時的でも「体重が減った」ことには変わりありません。

この小さな成功体験の積み重ねが、ダイエットのモチベーションを保ってくれます。

そのために、少しでも減ったら、喜びを爆発させましょう。

 

10.ライバルの姿を思い浮かべる

 

身近で、ほどよく対抗できそうな人を見つけましょう。

有名人やモデルは、現実味がありません。

できれば、キライなヤツを思い浮かべるとダイエット魂が燃えたぎりますよ。

 

11.好きな人を思い浮かべる

 

好きな人に、自分のたるんだ体を見せてもいいですか?

イヤですよね。

だったらダイエットするしかなくなります。

恋人がいるなら、恋人に叱咤激励してもらうといいでしょう。

恋人がいなければ、片思いの相手を「朝、昼、夜」思い浮かべましょう。

好きな人とデートしている妄想もOKです。

 

12.高らかに宣言する

 

一人で黙々とダイエットしても、やる気が起きなくなったら、そこでやめてしまうかもしれません。

そうならないように、誰かに宣言して、逃げ場をなくしましょう。

その際、「できなかったら、鼻からラーメンすすってあげる」というように、退路を断ってみてはいかがですか?

 

13.自分へのご褒美を決めておく

 

ダイエットの目的が達成できたとき。

目標体重がクリアできたとき。

自分にご褒美をあげましょう。

「ここまでよくがんばったね」とねぎらってあげます。

ただし、デザートなどのご褒美の場合、食べすぎは止めておきましょうね。

 

14.パーソナルトレーニングジムに行く

 

「何が何でもやせたい!」

そんな危機感を持つあなたは、パーソナルトレーニングを受けましょう。

専門のトレーナーがいると、効率的にダイエットできます。

しかも、モチベーションが上がらないからといって、簡単にやめることもできません。

パーソナルジムは、強制的にダイエットができる環境です。

料金は高いです。

けれど、ウエディングドレスを着こなしたい、そこのあなた。

結婚式の費用の一部だと思って、パーソナルトレーニングを受けると、理想の体に最短でなれるかもしれませんよ。

 

15.先人の知恵を学ぶ

ダイエットに失敗してきた私がやせた 3Days糖質オフダイエット

 

世の中のあらゆる人が、ダイエットをしています。

成功する人もいれば、失敗する人もいる。

その人たちの経験は、これからダイエットするあなたの宝です。

先人の知恵を学び、思う存分、自分のダイエットに活かしていきましょう!

 

ジリアン・マイケルズの30日間集中ダイエット [DVD]

 

さぁ、ダイエットの運動のモチベーションは高まった!

ダイエットが続かない、やる気が起きないあなた。

ぜひ、15個のモチベーションを保つ方法を試してみてください。

 

この記事があなたの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

井藤漢方製薬 短期スタイル ダイエットシェイク 10食分 25gX10袋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です