「本気の育毛日記」継続中!(2019/8/12更新)

初心者が筋肉を太くするための知識。筋肥大は2か月以降から始まる。

こんにちは、hiroです。

今回は、運動生理学で学んだ知識をシェアします。

 

筋肉が太くなり始めるのは…

初心者の場合、筋トレをして、筋肉が大きくなり始めるのは、およそ2か月以降です。

 

つまり、筋トレ開始2か月は、あまり筋肉は太くならないということです。

 

筋肉を太くするには、時間がかかります。

 

このことを頭に入れて、筋力トレーニングをしていきましょう。

筋トレ初期に筋力アップするのはなぜ?

 

初心者は、筋トレを初めてすぐに効果が出ます。

 

どんな効果か。

 

それは、筋力アップです。

筋肉は太くなっていないけれど、力はついているということです。

 

なぜか。

 

それは、筋肉に通っている神経が適応するから。

 

今まで使っていなかった筋肉の繊維が、筋トレによって目を覚まします。

目を覚ました筋繊維が、力を出すのを手伝ってくれるのです。

 

つまり、筋トレ開始2か月の間に、眠っていた筋肉が目覚め、力発揮に貢献してくれるということ。

 

これが、筋肉が太くなっていないのに、重たい重量が持てるようになるメカニズムです。

トレーニング経験の蓄積

 

ここまでをまとめます。

  • 筋トレ初期の筋力向上は、神経系によるもの。
  • トレーニング開始2か月以降に、筋肉が太くなっていく。

 

このメカニズムは、トレーニング初心者に起きます。

 

では、トレーニング経験を積んでいくと、どうなるか。

 

それは、筋肉を太くするのが、次第に困難になってきます。

 

なぜなら。

 

今までのトレーニングに慣れてしまい、筋肉が成長する刺激が加わりにくくなるからです。

 

では、筋肉が太くなるのは、限界があるのか。

 

そうとも限りません。

適切な負荷を与える重要性

 

筋肉を太くするには、筋肉が成長できるような負荷を与える必要があります。

つまり、常に筋肉に刺激を加えるということ。

 

同じ負荷のトレーニングばかりやっても、筋肉に刺激は加わりません。

 

少しずつ、重りの重量を増やしたり、重りを挙げる回数を増やしていく必要があります。

あせらずじっくり筋肉を育てよう

これから筋トレを初めて、筋肉をつけたいと思っているあなた。

最初は太くなる実感が持てませんが、続けていくことで、筋肉は成長していきます。

最初はゆっくりでいいので、ケガのないようにトレーニングしていきましょうね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です