「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ベンチプレス強化中、僕を助けてくれたのはセーフティラックだった。

こんにちは、hiroです。

ベンチプレスの重量がMAX75㎏だった僕が、約1年で120㎏まで伸ばすことができました。

そのときに、「重宝した必須アイテム」をご紹介します。

 

セーフティラックは必須!

ボディメーカー(BODYMAKER) ベンチセイフティスタンド2 ブラック TM089BK

 

「ベンチプレスでつぶれる…」

よく聞く話です。

実際、僕もたくさんつぶれました。

 

MAX重量を更新するには、限界まで追い込むことが大事。

だから、何度もつぶれました。

 

その時に助けてくれたのが、「セーフティラック」

ベンチプレスには絶対欠かせません。

 

【本邦初公開】たった1年2ヵ月でベンチプレスのMAXが75kgから120kgになったオリジナルトレーニングを紹介します。

 

セーフティラックがないと、安心してベンチプレスができない。

それほど重要なアイテムと言えます。

ラックは邪魔だから…

(写真:自分に合った高さに調節できるから安心)

 

知人がこんなことを言っていました。

 

  • 「セーフティラックが邪魔で、トレーニングに支障が出る」
  • 「両サイドが気になって、トレーニングに集中できない」
  • 「動作中、ラックに当たらないか気になる」

 

僕も、最初そう思いました。

けれど結局は、慣れました。

 

ベンチプレスを1年間死ぬ気でトレーニングして得たコツ10選。

セーフティがないとどうなるか

(写真:つぶれたら…確実にあせる

 

つぶれたときに、ラックがないとどうなるか。

胸が押しつぶされます。

胸ならまだしも、胸の上部でつぶれてしまうと、首にバーが当たる可能性があります。

 

とても危険です。

ケガのリスクというよりも、命にかかわります。

 

だから、セーフティラックが必要です。

胸を押しつぶされる手前で、バーを止めるられるからです。

 

ベンチプレス初心者の反面教師になる僕の失敗談。

セーフティがない時の対処法

 

補助者をつけましょう。

つぶれたときに、持ち上げる手助けをしてくれます。

補助する際は、なるべくバーに体を寄せて、両手で持ち上げましょう。

腕の力だけでなく、全身の力で持ち上げる補助ができます。

 

 

できれば3人いると安心。

正面と左右でしっかり補助してくれる。

安心感を持って、トレーニングに集中できます。

 

 

一人しかいない場合は、自力で何とかするしかありません。

けれど、「つぶれたらどうしよう」という不安が、トレーニングの質を低下させます。

自力で何とかするよりも、セーフティラックに頼ったほうが、よっぽど安全です。

 

ベンチプレスのグリップの「手首が安全でより力が出る」握り方

セーフティラックの意外な使い道

(写真:いろんな種目で活躍できます)

 

本来、ベンチプレスの安全のためのセーフティラック。

意外なところでも、活躍してくれます。

 

アームカールなどの上腕の筋トレ。

デッドリフトやベントオーバーロウ。

これらを行うときに、バーをラックに置くことができます。

僕は、追い込んだ後にすぐにバーを置けるので、重宝しました。

 

(写真:ラックがあれば、快適に筋トレができる)

 

筋トレは些細なことでストレスになります。

モチベーションにもつながります。

セーフティラックは、「快適にトレーニングするための一つの使い道」にもなるということですね。

 

【ベンチプレス】僕がMAX120kgを挙げるために役立った本3選

道具に頼ろう

ボディメーカー(BODYMAKER) ベンチセイフティスタンド2 ブラック TM089BK

 

セーフティラックに限りません。

腰ベルトや、手首サポーター。

ベンチプレスを安全にやるために、いろんな補助具を活用すべきです。

 

「道具に頼りたくない」

僕は以前、そう思っていました。

けれど、重たい重量になればなるほど、補助具の重要性が身に染みてわかってきました。

下手なプライドよりも、安全で快適なトレーニング環境が大事ですね。

 

 

セーフティラックは、やや値が張ります。

けれど、安全、安心感の大きさから、コスパは良いと思います。

 

さぁ今日も、セーフティラックの力を借りて、限界まで追い込もう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です