「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

ダイエットを成功させる秘訣は、この方法が効果絶大。

こんにちは、hiroです。

僕は3か月で15㎏減量に成功したことがあります。

今回は、ダイエットに絶対必要な行動療法についてシェアします。

 

食事制限・運動をする前に

まず、やみくもに食事制限や運動しても続きません。

その前にすべきことがあったのです。

それが「行動療法」

 

ダイエットをする手段としては、「食事療法」、「運動療法」が一般的です。

ですが、まずは「行動療法」で、自分のダイエットの方向性を知る必要があります。

行動療法の種類

目的・目標を明確化する

 

なぜ、やせたいのか。

何㎏、やせたいのか。

目的と目標体重をはっきりさせることで、モチベーションが上がります。

逆に、ぼんやりとした目的・目標だと、途中で挫折してしまう可能性大です。

 

僕のダイエットの目的は、見た目をスマートにするためでした。

太っていたとき、鏡を見るのが嫌でした。

現実を見てしまうと、テンションが落ちてしまうからです。

なので、見てくれを少しでもマシにするためにダイエットをしようと思いました。

 

目標は、15㎏やせることにしました。

なぜ15㎏か。

それは、標準体重に近づけるからです。

そして、期限を付けました。

「3か月で、15㎏やせる」

これが僕のダイエットの目標です。

体重計に毎日乗る

 

1か月に5㎏やせるのは、すごく大変。

絶対途中で心が折れると思いました。

そうならないためには、どうすべきか。

 

まずは体重を毎日測定することにしました。

体重計に乗り、少しでもやせている事実を知れば、モチベーションを保てるからです。

実際、体重が減ると、嬉しくなり、さらに頑張ろうとする気がわいてきます。

 

なぜダイエットグラフを記録すると良いのか。僕の成功体験をシェア。

 

もし体重計に乗っていなかったら、確実に厳しいダイエットは続きませんでした。

これが行動療法の一つ、「体重計に毎日乗ること」です。

 

さらに計測した体重を、グラフ化したり、数値化して前日と見比べることにより、体重の減り具合を目で見ることができます。

すると、今自分の体重はどう推移しているのかを知ることができます。

よく噛む

 

食事制限は、本当にキツイ。

今まで食べていたものが食べられない苦痛。

半端ないですよね。

食事の量も減ってしまい、常に空腹を感じてしまいます。

 

そうならないための一つの方法として、「よく噛む」という行動が効果的でした。

よく噛むと、どうなるか。

満腹中枢が刺激され、食事の満足度が上がります。

さらに続けていくと、少ない食事量で満足できるようになります。

 

【体験談】カムカムダイエットのやり方と効果の検証。

 

満腹中枢は、個人差はあると思いますが、食事を開始して約20分後に働き始めます。

早食いだと、満腹中枢が働く前に食べ終えてしまいます。

そして「物足りない」と感じてしまい、さらに何か食べてしまうこともあります。

 

僕は、よく噛むことで、満腹中枢を刺激して、少ない食事量で大丈夫という自信をつけることができました。

食行動質問票

 

なぜ自分は太ってしまったか。

その原因を知るための方法として「食行動質問票」というアンケートがあります。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

太る原因は食べ物?ストレス?自己診断してダイエットしよう。

 

僕の場合、太ってしまった原因は、食事の食べ方に問題がありました。

例えば、「早食い」「よく噛まない」というのが当てはまりました。

 

太ってしまう原因がわかれば、対処できます。

僕は、食べ方に気を付けることで、これ以上太らないように気を付けることができました。

この質問票は、結構当たっているので、ぜひ一度やってみてください。

ダイエットは行動療法から始めよう

 

僕は、まず、行動療法でダイエットをアプローチしました。

そうすることで、自分の生活習慣がダイエットモードに変わっていくことが実感できます。

 

ダイエットで難しいのは、続けることや、リバウンドすること。

リバウンドしないためにも、行動療法はとても重宝できます。

 

【ダイエット】僕がたった3ヵ月で15キロやせた3つの方法。

 

太らない生活習慣を身につけ、自分の体に脂肪をつけないように気を付けていきましょう。

一度ついてしまった脂肪を落とすのは、大変ですからね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です