「本気の育毛日記」継続中!(2019/7/12更新)

【笑顔の作り方】笑うトレーニングの効果はやっぱり絶大。

こんにちは、hiroです。

躁うつ病になって、もうすぐ2年。

治る気配がしてきました。

嬉しい限りです。

 

笑顔はパワーの源

以前、こんな記事を書きました。

 

【経験談】むりやり笑顔の練習をした結果…。

 

最近、また笑顔の練習を再開しました。

そしたら、すぐに効果を感じられました。

さすが、笑顔ですね。

 

一番の効果としては、視界が広がったこと。

今までは、目がたるんでいて、視界もどんよりしていました。

どんよりしていると、気分が落ち込み、さらにどんより…。

そんな悪循環でした。

 

けれど、笑顔になることで、どんよりとした曇り空が、ぱーっと晴れわたるがごとく、視界が開けていきました。

疲れ知らずの心と体になる

目がぱっちり開くことで、脳みそが「今、元気なんだ」と錯覚します。

実際、疲れた日に無理やり笑顔の練習をしたら、少しずつ、体力が回復していった感じがしました。

 

 

今まで感じていた疲労感が、嘘のように軽くなりました。

仕事終わりはヘトヘトで、こうしてブログを書くことすらできませんでした。

けれど、笑顔の練習を積み重ねていくことで、心身ともに疲れにくい状態になったと感じています。

 

笑顔の効果、絶大です。

ぜひ、あなたにもやってほしいなと思います。

僕のやり方

とにかく無理やり笑うんです。

できれば、「ワハハ」と声を出して。

「ワハハ」ではなくてもいいですが、何かしら言葉を発しながら笑うといいかと思います。

 

さらに、目じりにしわができるくらい、歯茎が見えるくらい大げさに笑います。

すると、表情筋が動きます。

表情筋をほぐしてやることで、心もほぐれていきます。

 

 

最初は、写真写りのような笑顔しかできませんでした。

だって恥ずかしかったから。

僕は一人暮らしなので、一人で思う存分笑う練習ができます。

それでも最初は、超恥ずかしかった。

笑いながら「何やってんだろ…」と思ったほど。

 

けれど、毎日続けていると、だんだん笑顔がエスカレートしていきます。

「クスクス」から「ワハハ」に。

「ワハハ」から「ガハハ」に。

「ガハハ」から「ハッハッハ」に。

最終的に、偉い社長になったみたいに、堂々と胸を張って笑っています。

 

 

ポイントは、目じりのしわ。

そして、歯茎むき出し。

これらを意識することで、最初はぎこちなかった笑顔が、自然な笑顔になっていきます。

 

あ…。

一人暮らしでない場合は、どこで笑顔の練習をすればいいんだろう…。

お風呂?トイレ?

僕だったら、トイレかなぁ。

けど、トイレで笑いながら用を足している姿を想像すると…。

なんだか不気味(笑)

 

 

何はともあれ。

まだまだ僕は作り笑顔ですが、これから本当の笑顔に変えていきたいと思います。

というか、変えられる気がします。

笑っていると。

 

ほじゃ、今回はこのへんで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です