「本気の育毛日記」継続中!

【ベンチプレスのフォーム2】足上げフォームのやり方は肩甲骨を寄せ、ブリッジをしっかり作ろう。

こんにちは,hiroです。

僕は、1年2ヵ月でMAX重量が75㎏から120㎏まで上がりました。

今回は、ベンチプレスの中・上級者向けのフォームである「足上げフォーム」を解説します。

 

足上げフォーム

 

足上げフォームは、下半身の力を使わずにバーを持ち挙げるというものです。

脚の踏ん張りがないので、上半身だけでバーを持ち上げなければなりません。

 

さらに、足が地面についていない状態というのは、かなり体が不安定になります。

左右にブレてしまわないように、注意が必要です。

 

【ベンチプレスのフォーム1】ベタ寝フォームのやり方とメリット・デメリット。

 

やり方

ベンチプレス 基礎から実践―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.1〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 1)

 

絶対に守ってほしいことがあります。

それは、しっかりと肩甲骨を寄せて、ブリッジを作ることです。

そうしないと、肩挙げになってしまい、肩のケガのリスクが高まってしまうのです。

やり方.1 脚を組む

 

うまくバランスが取れるように、足を交差して組みましょう。

そうすることで、体のバランスをとる軸を作ることができます。

 

このフォームは、やや難易度が高い。

なので、うまくできない人は、次の方法を試してみてください。

やり方.2 足をベンチ台に乗せる

 

足をベンチ台に乗せて、やってみましょう。

足を挙げてないじゃないか、と思われるかもしれません。

けれど、やってみればわかりますが、脚で踏ん張ることができません。

 

これもれっきとした、足上げフォームになります。

足を宙に浮かすやり方が、難しければ、まず、ベンチ台に足を乗せてみましょう。

 

ベンチプレスを1年間死ぬ気でトレーニングして得たコツ10選。

 

フォームを最大限に意識

先ほどの言ったように、足を上げたとしても、肩甲骨の寄せと、ブリッジを作ることは、肩の怪我予防になります。

肩の力ではなく、胸の力でバーを持ち挙げられるように、フォームには細心の注意を払うようにして下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ベンチプレス フォームと補助種目―ベンチプレスが誰よりも強くなる〈vol.2〉 (ベンチプレスが誰よりも強くなる! vol. 2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です