「本気の育毛日記」継続中!(2019/8/12更新)

腰痛予防のための腹筋運動は、この種目をおすすめします。

こんにちは,hiroです。

今回は、僕がスポーツトレーナーだったころ得た知識をシェアします。

それは、「腰痛予防の腹筋」です。

 

腹斜筋の強化

 

腰痛予防には、腹斜筋を鍛えることが効果的です。

腰の保護は、腹部が50%担っていると言われています。

 

腹筋の筋電図の研究では、デッドリフトのようにおもりを持ち上げる動作をしているときに、腹斜筋の活動が大きいことがわかったそうです。

逆に、シックスパックと呼ばれる腹直筋の活動は、そんなに大きくなかったらしいです。

 

 

要するに、腰痛予防のために腹筋をする種目は、シットアップ(一般的な腹筋運動)ではなく、ツイストシットアップのような、体をねじる動作をする腹筋のほうが効果的とされています。

 

意外と知られていない怪我予防のための肩のストレッチ方法

リフティングベルトの効果

ゴールドジム(GOLD’S GYM) ブラックレザーベルト G3367 XSサイズ

 

ウエイトトレーニングをするときに、リフティングベルトをつける人は多いです。

僕も、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスといった腰に負担のかかる筋トレ種目をやるときは、必ず装着していました。

リフティングベルトで圧をかけることで、腰部を保護するためです。

リフティングベルトのメカニズム

では、どのように腰部を保護しているのか。

それを簡単に説明すると。

 

  • ベルトをつけると腰部の皮膚に圧が加わります。
  • すると、固有受容器と呼ばれる感覚を受け取る器官が刺激されます。
  • それが、筋肉にハリを持たせることになり、腰部を保護するのです。
  • さらに、腹部からの圧力(腹圧)で、腰椎を保護します。

 

つまり、ベルトで前後左右に圧力が生まれ、腰部を保護しているのです。

 

ウエイトトレーニングでは、重たい重量を扱うことが多いです。

その際には、リフティングベルトの力を借りて、腰をサポートすることをおすすめします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

フォームローラー 筋膜リリース KOOLSEN グリッドフォームローラー ヨガポール トレーニング スポーツ フィットネス ストレッチ器具 (オレンジ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です