「本気の育毛日記」継続中!

【腕立て伏せの正しいフォーム】手の平はパーに開かないほうがいい

こんにちは,hiroです。

僕がスポーツトレーナーをしていた時に学んだ腕立て伏せのやり方のうち、「手の平」に焦点を当ててシェアします。

 

手の平はパーに開かない

(イラスト:指を開くと腕と、肩の力が出にくくなる)

 

あなたは腕立て伏せをするとき、手の平の開き具合はどうなっていますか?

あまり意識したことがないかもしれません。

 

じつは、手の平をパーにすると、腕と肩のパワーが落ちてしまいます。

逆に、指を閉じると、しっかりと腕と肩の力が発揮されます。

なぜパーにするとパワーが落ちるの?

(イラスト:指を閉じると、肩から腕へ力がしっかり伝達する)

 

手の平をパーに開くということは、指が開いた状態。

じつはこの状態は、中指の骨から伝わる力の伝達機能があまり働かないのです。

結果、腕と肩のパワーが落ちてしまいます。

これを専門用語では、「手掌(しゅしょう)反射」といいます。

 

しっかり腕と肩の力を伝達させて、腕立て伏せをする。

これは、効率よく筋肉に刺激を与えるためにも必要です。

 

腕立て伏せが苦手。

回数をこなせない。

そんな人は、手の平がパーに開いていないか確認してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【Amazon.co.jp限定】ALINCO(アルインコ) プッシュアップバー EXG228A 腕立て伏せ 筋肉トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です