「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

どうか、反面教師にして下さい。「人との付き合いにお金を惜しむな!」

こんにちは,hiroです。

今回は、僕が「20代のうちにすこぶる後悔していること」をシェアします。

あなたの反面教師になれれば、幸いです。

 

交際費を惜しむな

僕は大学生のころ、お金がありませんでした。

なので、同期と食事に行くことも少なかったです。

後輩におごるということも渋っていました。

 

 

おかげで、学生時代の交友関係は、薄いものになりました。

では、交友関係が薄いとどうなったのか。

情報が入ってこない

「飯、行こうぜ」は、ご飯を食べに行こうぜだけではありません。

「ご飯を食べながら、いろいろお話しよう」ということでもあります。

様々な情報が飛び交い、自分の知らないことを知ることができます。

 

 

けれど、一緒にご飯を行かなければ、「情報」を得ることができません。

ここでいう「情報」というのは、テレビやネットニュースに載っているような内容ではありません。

どちらかというと、世渡りの方法や、人生の成功・失敗談のことを示します。

 

 

もちろん、ただ楽しくご飯を食べることもあります。

けれど、ご飯を食べる中で、大きく得るものがたくさんあるのです。

人脈が作れない

大学時代の交友関係は大事。

それを社会人になって痛感しています。

大学時代の友人から、他の人を紹介してもらったりする事例がたくさんあります。

 

 

同じ業種であれば、情報交換もできます。

人から人へ、どんどん人脈が広がっていくのです。

出会いも生まれない

「友人の紹介で結婚した」

そんな話をよく聞きます。

けれど、そもそも友人がいなければ、出会いもありません。

 

 

僕は、お金を惜しんで、交友関係を築いてきませんでした。

なので、社会人になって学生時代の友人に会うこともありません。

 

 

はっきり言って、孤独です。

出会いも人脈も、ゼロから自分で始めなければいけないと思うと、億劫です。

打算でもいいじゃないか

友情、信頼関係。

友人というのは、そういう関係性が大事。

情報がほしいから。

人脈を築きたいから。

そんな打算的な考えは、愚の骨頂。

そう思われるかもしれません。

 

 

けれど、社会人になった僕がはっきり言えること。

「人とのつながりは、必要不可欠」

人生、一人では生きていけないことを今、とても痛感しています。

 

 

あのとき、交友関係を築いていれば、何かしら相談もしやすい。

そうでなければ、一人で悩みを抱え込む始末。

今の人付き合いは、未来への投資。

そう考えて、現在、積極的にお金をかけてでも、人と関わっている次第。

 

 

あなたも、お金を惜しまず、どんどん人に会い、話し、交友関係を築いていけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です