「本気の育毛日記」継続中!(2019/8/12更新)

B’zのバンドメンバーの圧巻の演奏&稲葉さんの唯一無二の歌声は鳥肌もの。【2013年live gym DVD】

こんにちは,hiroです。

今回は、「B’zのコンサートブルーレイ」を観た感想を書きます。

 

稲葉さんの歌声、バンドメンバーの演奏は圧巻です。

聴くだけでなく、映像を観て、心が揺さぶられました。

 

というか…アマゾンのレビュー、星5ってすごすぎる。

BzのライブDVDはどれもこれも評価が高い。

全部コンプリートとしようかな。

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER-XXV BEST-【完全盤】 [Blu-ray]

 

Live gym

僕は小学生のときに、B’zの存在を知りました。

初めて聞いた曲は「ultra soul」

小学生ながら、「なんだこのテンションの上がる歌は!?」と驚いたのを覚えています。

「B’z のライブジムへようこそ!!」という稲葉さんの掛け声で始まるコンサート。

一気にテンションを上げてくれます。

tak matsumotoのギター

稲葉さんの歌声は最高。

それと同じく最高なのが、松本さんのギター。

僕はギターを弾いたことはありません。

「あの指の動きどうなってるの!?」

ビックリするほど、滑らか指の動き。

さらに、重厚感のある音色。

重厚感という言葉が適切かはわかりません。

ですが僕には、勇ましい感じがしました。

めちゃかっこいい。

バンドメンバー

ドラムとベースの人の演奏もすごかった…。

すごいというのが失礼なくらい、目と耳を奪われました。

ベースの人のリズム感で、聴いている僕まで、体が動いてリズムをとってしまうほど。

ドラムの人は、とにかく力強い。

ドラムをたたく姿は、とにかくかっこよすぎて、惚れてしまうほど。

Bzの音楽は、稲葉さんと松本さんだけでなく、バンドメンバーの人たちの魅力もたっぷり詰まっているんだなと感じました。

テンションを爆上げしたいときに

B’zの曲は、アドレナリンがドバドバ出ます。

落ち込んだらB’z。

むなしくなったらB’z。

何もかも忘れたくなったらB’z。

とにかくテンションを爆上げしてくれます。

ライブでも稲葉さんが言っていました。

「嫌なことも全部忘れて、ライブを楽しんでいってください」

この言葉は、本当に聴いている側からすると、すごく救われます。

あなたも自分を奮い立たせたく成ったら、B’zのライブDVDを観て、聴いて、心のわだかまりを吹っ飛ばしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER-XXV BEST-【完全盤】 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です