「本気の育毛日記」継続中!

初心者が絵やイラストを上達させるために必要なたった1つの心得。

こんにちは、hiroです。

イラスト初心者が、絵を上達させるために最も大切な1つの心得をシェアします。

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq Pro 13 HDMI接続対応 アマゾンオリジナルデータ特典付き TDTH-1320/AK0

 

毎日描くこと

(写真:とにかく毎日!これが大切)

時間がない。

疲れている。

そんなときでも筆を握ることが、上達するための最も大切な心得です。

正直、毎日練習するのはしんどい。

僕もそうでした。

けれど、ビジネスの世界、職人の世界、スポーツの世界。

あらゆる世界で「続けることはめちゃくちゃ大事」と言われています。

 

(イラスト:最初はこんな絵しか描けなかった)

けれど、続けることは、正直大変ですよね。

特に、時間がなかったり、疲れているときは、筆を持つことすらためらってしまいます。

そんなときは、5分でも、いや、3分でもいいから、毎日筆を持つことをおすすめします。

短時間でいいんです。

大切なのは、毎日続けること。

たった3分でも毎日続けることで、1年後の自分は今の自分より、確実に成長しています。

なぜ毎日描き続けるべきか

短時間だと、そんなに成長しないじゃないか。

そう思われるかもしれません。

けれど初心者が、毎日書き続けないといけない理由は、上達だけでなく、他にもあります。

それは「描かないとヘタになる」ということ。

実際に僕のイラストを見てください。

(イラスト:イメージ通りの絵)

毎日書き続けていたときは、満足できるイラストを描くことができました。

けれど、1ヵ月間、絵を描くことを中止してしまいました。

理由は忙しかったからです。

そして1ヵ月後にイラストを再開しました。

(イラスト:中断すると線の描き方すら忘れる)

正直言って愕然としました。

思い通りに描くことができず、絵もかなりヘタになりました。

毎日描くことで身につけてきた、すべての技術を忘れてしまったのです。

この失敗から、僕はまた、3分でも良いからペンを持つことにしました。

すると、勘を取り戻し、ようやくイメージ通りの絵を描くまでに回復するまでになりました。

毎日続ける工夫はこれだ!

(写真:常に描ける準備をしておく)

毎日続けるには、身近に描ける道具を置くことが大切です。

僕は液晶タブレットを使っています。

毎日座る机には、液タブの電源が入っており、ペンも準備してあります。

そうすることで、ふとした瞬間に筆を持ち、描き始めることができるのです。

(写真:重い腰を上げるために)

何事もスタートダッシュが1番難しく、労力が必要です。

なるべくストレスなく描き始めるためには、常に自分のそばに描く道具を置くことが大切です。

アナログであれば、カバンの中に紙と鉛筆を入れておくとイイですね。

趣味で毎日を充実させよう!

(写真:自分で描いたイラストを部屋に飾ると楽しさ100倍)

趣味を持つことは、毎日を充実させることにつながります。

僕はイラストが趣味になる前は、無趣味でした。

毎日が退屈で、何のために生きてるんだろうと思う始末。

けれど病気になったことがきっかけで、絵を描き始めました。

(イラスト:病気なんてふっとばせ!)

僕は続けることの大切さが十分にわかっていました。

なので、毎日描くという心得と工夫で、毎日続けられたのです。

そして今では、歯磨きと同じような感覚で、絵を描くことができています。

毎日絵を描かないと落ち着かないくらいになりました。

これは完全に、イラストが自分の趣味になった証拠ですよね。

趣味になるまでは、かなりの苦労が必要です。

何事も簡単なことなんてありません。

それでも地道に毎日続けられた者が勝つ。

そんな世界です。

あなたも趣味を身につけ、人生を充実させるために、「毎日継続すること」をおすすめします。

【Amazon.co.jp限定】ワコム 液タブ Wacom Cintiq Pro 13 HDMI接続対応 アマゾンオリジナルデータ特典付き TDTH-1320/AK0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です