「本気の育毛日記」継続中!(2019/7/12更新)

「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【食べ方編】

こんにちは,hiroです。

シリーズでお送りしている「自分の太る原因を知ろう」

今回は「食べ方編」です。

これまでの各編はこちらから。

「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【食動機編】 「自分はなぜ太るのか」の原因の診断方法【代理摂食編】

 

僕のもっとも太る原因

僕自身,食べ方の問題で太ることがよくあります。

他の人でも意外と当てはまる人が多いんじゃないかと思います。

下記の肥満症患者がよく言う言葉でチェックしてみましょう。

 

(1.そんなことはない 2.時々そういうことがある 3.そういう傾向がある 4.まったくその通り)

  • 早食いである( )
  • 人からよく食べるねと言われる( )
  • よく噛まない( )
  • 口いっぱい詰め込むように食べる( )
  • 食事の時は食べ物を次から次へと口に入れて食べてしまう( )

 

よく噛むことが重要

僕自身,よく噛んで食べていません。

そこで1口につき30回噛んでから飲み込むようにしました。

【体験談】カムカムダイエットのやり方と効果の検証。

すると,いつもの半分以下の食事量で,満腹感を得られました。

 

満腹中枢が刺激されるのは,食べ始めて少し時間がかかります。

したがって,いかに満腹感を得られる食べ方をするかが重要です。

 

そのひとつは,よく噛むこと。

これを徹底するだけで,食事の量をだいぶ減らすことができます。

 

最初は,すぐに飲み込んでしまうかもしれません。

けれど,結局は慣れです。

慣れれば,苦もなくたくさん噛むことができるようになります。

ぜひ,実践してみてください。

 

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版] (impress QuickBooks)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です