「本気の育毛日記」継続中!

お湯の沸騰時間の速さやケトル掃除の簡単さという利便性とおしゃれを融合させた極上の電気ケトル。

こんにちは、hiroです。

今回は、「ティファールの電気ケトル」を購入した感想をシェアします。

ティファール 電気ケトル 0.8L パフォーマ ブラック KO1538JP

 

電子レンジじゃ物足りない

僕は今まで、白湯を飲むときに、電子レンジで水を温めていました。

一応、電子レンジには、飲み物を温める機能があります。

(写真:電気ケトルなら熱々なお湯ができる)

けれど正直、それでは僕が望む温かさになりません。

沸騰するまで温めてはいけないので、すぐに冷めてしまいます。

そこで、電気ケトルを買いました。

アマゾンのレビューについて

僕が買ったのは、ティファールの電気ケトル。

ティファール 電気ケトル 0.8L パフォーマ ブラック KO1538JP

 

アマゾンでいろいろな商品を見ました。

レビューを参考にして、悩みに悩んだ末にこのケトルにしたのです。

 

それにしても、レビューって参考にするのが難しい。

星4.5の商品でも、マイナスな部分がどうしても気になってしまう。

けれどそれを気にしていたら、何も変えなくなってしまう。

(写真:持ち運び便利)

だから僕は、レビュー数が多くて、星4.0以上の商品を探すことにしました。

そしてティファールの電気ケトルにしたのです。

温まるの早っ!

早速、使ってみると・・・。

沸騰するまでの時間が、めちゃくちゃ早い!

今まで電子レンジで温めていたので、余計早く感じました。

(写真:スイッチひとつでお湯ができる)

ケトルに水を入れて、コーヒーの粉を入れる準備をしている内に、沸騰している音がなるのです。

「こりゃ、すごいな・・・」と感動しました。

やはり、すぐに熱々のお湯ができるというのが、電気ケトルの良いところですね。

底の斑点が気になる・・・

電気ケトルを使い続けていると、底に斑点が浮かんできます。

僕は最初それを見たとき、カビが生えたと思いました。

けれど、どうやら違うようです。

(写真:こまめに手入れをしよう)

水に含まれるミネラルやカルキ成分が斑点を作るそうなのです。

けしてカビているわけではないということで安心しました。

底をキレイにしたい場合

とはいうものの、斑点があるとカビが生えたと思うくらいです。

なので、できたらまっさらな状態に戻したい。

そう思うのが自然です。

 

ではどうしたら、斑点をとることができるのだろうか。

色々調べてみました。

クエン酸を含んだ水を入れる

暮らしのクエン酸  330g

 

洗剤を付けたスポンジで強くこすっても、斑点は消えません。

クエン酸を入れた水を入れて漬けると良いです。

臭いが気になるなら重曹を入れる

自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

 

クエン酸を使って斑点を取り除くことができても、臭いが気になる・・・。

そんなときは、クエン酸と一緒に重曹を入れると良いそうです。

そうすれば、臭いが無くなるらしい。

こまめに掃除をする

僕は数年前まで、他の電気ケトルを使っていました。

けれど斑点が青白くなるまで放置していたので、捨てました。

もしかしたら、青白くなるのは、ミネラル成分ではなく、本当にカビだったのかも・・・。

真相はわかりません。

(写真:蓋もとれて,口が広いから手入れしやすい)

これからは、こまめに斑点が出ていないかをチェックし、手入れをしていきたいです。

クエン酸は市販でも売られているので、ストックとして保管しておくのもイイですね。

とにかく手入れをしっかりすること、これ重要。

電気ケトルライフ

今では、電気ケトルなしの生活は考えられません。

熱々のコーヒーや白湯はもちろん、インスタントラーメンもすぐに作れる。

さらに、鍋でお湯を沸かす場合、あらかじめケトルで熱いお湯を入れておけば、ガス代の節約にもなる。

ケトル1回の電気代はガス代より安い。

(写真:反射するほどの漆黒感。オシャレですね)

最近は、おしゃれな電気ケトルが多いです。

僕が持っているケトルも、漆黒でオシャレです。

中にはもっとオシャレな商品もあるようです。

けれど,オシャレなケトルには,欠点が目につくものが多かった気がします。

(写真:フィルターも掃除できるので,清潔安心。)

利便性を考えた場合、ティファールの電気ケトル一択だと思います。

オシャレで利便性のある電気ケトル。

きっとあなたの生活を快適に、豊かにしてくれるでしょう。

ティファール 電気ケトル 0.8L パフォーマ ブラック KO1538JP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です