「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

うつ病になると行動することが「できない」のではなく、行動するという選択肢が「消えて存在しなくなる」のだ。

こんにちは、hiroです。

うつ病になると、未来のことが考えられません。

僕もそうでした。

1時間後に何をやっているか、思い浮かべてください。

そう言われて、目を閉じて考えてみました。

すると驚いたことに、目の前が真っ暗で、何も考えられなかったのです。

たった1時間先ですよ?

漠然とでも何か思い浮かぶはずでしょう。

でも本当にイメージできないのです。

黒というイメージしかありませんでした。

目の前が真っ暗なのは、目を閉じているからではありません。

はっきりと黒の世界が広がったのを今でも覚えています。

このことは、うつ病になっても,ならなくても、理解しがたい現象だと思います。

当の本人でさえ、未来を想像できず、目の前の真っ暗闇に狼狽したくらいですから。

 

のどが渇いたなぁ

僕がうつ病の末期だったのは、暑い夏、8月でした。

夏は当たり前ですが、のどが渇きます。

もちろん、うつ病の人でものどは渇きます。

しかし、健康な人とうつ病の僕には違いがありました。

それは、「飲む」という行動が僕の頭の中に存在しなかったのです。

「あぁ、のどが渇いたなぁ」

そう思いました。

そして、目の前にお茶の入った500mlのペットボトルがあります。

僕はそのペットボトルを見つめてこう言いました。

「あぁ、のどが渇いたなぁ・・・」

飲めばいいのに。

そう思いますよね。

けれど、うつ病の症状がひどかったころは、たとえ目の前にお茶があっても一切手をつけなかったのです。

僕はこの体験から、うつ病の特徴として、「お茶を飲むことができない」ではなく「お茶を飲むという行動が、そもそも脳みそに存在しない」のではなかろうかと考えました。

できる、できないのレベルですらなく、頭の辞書の中から「何か行動する」という文字が消え失せているのです。

理解してもらえなかった

うつ病が一時寛解したとき、知人に「行動が消えて存在しない」ことを話しました。

「へぇ、そうなんだ」

知人は不思議がっていました。

しかし、本心では意味分かんないなと思っていたに違いありません。

そのときの知人の態度を見て、明らかに理解できない感を漂わせていたからです。

正直、うつ病で苦しんでいる僕自身も理解できませんでした。

「なぜ僕は、のどが渇いているのに、目の前にお茶があるのに飲まないんだろう」

モヤがかって思考停止している脳みそで、不思議に思ったのです。

知人も自分自身も理解できない現象でした。

行動が消えるとは

今、冷静に考えてみると、行動するという選択肢が僕の中から消えたのは、「脳みその機能が制限されていたから」ではないかと考えています。

うつ病は心ではなく、あくまで脳の機能障害です。

うつ病末期になると、脳がまったく機能しなくなります。

そのため、行動をつかさどる脳の働きができなくなっていたのだと考えます。

この説が正しいかどうかは置いておくとして。

うつ病の人は、「動かない」のではありません。

そして、「動けない」でもない。

「そもそも動くという選択肢が存在していない」というのが僕の見解です。

怠けて見えるツラさ

行動できないので、一日中ベッドで寝ているということも多々あります。

食事やお風呂に入ることでさえ、相当な労力を必要とします。

どうかそれを「怠けている」と思わないで欲しいと願います。

健康な人にとっては、「行動が存在しない」ということは理解できません。

僕でさえ、そうでしたから。

けれど、そういうことが起こりうるんだと知るだけでもありがたいです。

サポートする方へ

うつ病の人は、常に孤独を感じます。

周囲の人のサポートも、上手く感じとることができません。

うつ病をサポートする人にとっては、辛く苦しい日々を味わうと思います。

けれど、少しずつでも、うつ病に関する知識を蓄えていけば、サポートする負担を軽減できるかもしれない。

そう思い、今回の記事を書きました。

この記事が、うつ病で苦しんでいる人、それをサポートしている人の助けになれば嬉しいです。

 

マンガでわかりやすい うつ病の認知行動療法―こころの力を活用する7つのステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です