「本気の育毛日記」継続中!

キャロルという映画に出演する女優ルーニー・マーラの演技が愛くるしすぎてたまらない。

こんにちは,hiroです。

今回は,映画「キャロル」を観た感想を書きます。

 

キャロル [DVD]

 

この物語は,1952年のニューヨークを舞台にしています。

昔のニューヨークは,服装がオシャレ。

見ているだけで,憧れを抱いてしまうほどでした。

 

簡単なあらすじ

クリスマス。

デパートの店員として働くテレーズは,ある日,来店した美しい金髪美女に憧れを抱く。

その美女の名は,キャロル

 

キャロルがデパートに手袋を忘れ,テレーズが親切に送り届けるところから,物語は静かに動き始める。

そして,キャロルに憧れていたテレーズは,彼女と接しているうちに,特別な感情を抱くようになる。

憧れの人とのランチ

テレーズ役のルーニー・マーラの演技。

とても愛くるしくて,共感を持てる。

特に,憧れのキャロルとの初めてのランチのとき。

テレーズは,すっごいソワソワしてるんです。

目が泳ぎ,カクテルを飲むのもぎこちない。

どこか落ち着かない仕草が,本当に可愛らしかったです。

 

憧れの人や好きな人と始めて食事するとき。

きっとテレーズのようにソワソワしちゃうんだろうなぁ。

と,共感を抱きながら微笑ましく観ていました。

キャロルのテレーズを想う気持ち

ふたりは,お互いに惹かれていきます。

一緒に旅をし,寝食を共にする仲にまでなりました。

しかし,キャロルには,暗い過去があり,その過去が原因で,ふたりの想いに厚い壁が生じてしまいます。

 

キャロルに好意を持ち続けることが,キャロルを苦しめることになる。

テレーズは,悩みながらも,キャロルへの想いを断ち切ろうとします。

僕は,テレーズがキャロルのことを本当に大切に思っているからこそ,断ち切ろうとしたのだと思います。

 

愛することで生じる悩みが感じられる映画だと思いました。

リピートして,何回も見たい作品です。

ふたりの女性の,愛と戸惑いをよく表現した映画だと思います。

 

キャロル [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です