「本気の育毛日記」継続中!

「便教会」という神イベントがあるんだけど…知ってる?

こんにちは、hiroです。

「便教会」というのをご存じだろう か?

「勉強会」ではなく、「便教会」である。

これは、トイレを素手で掃除する会のことである。

トイレを素手で掃除して、心の成長を養うものである。

 

素手といっても、ちゃんとスポンジや雑巾を使っている。

しかし、便器の中まで手を突っ込んで、掃除をするのは、誰もがいやがる行為である。

 

中学生のときに経験

中学時代。

地域の方々と一緒に、この鬼畜イベントに参加した。

もちろん、嫌々である。

「トイレを素手で磨くだと!?」

「狂ってるんじゃないか?」と思 った。

僕以外にも、そう思った同士は少なくない。

 

しかし、僕の中学の校長は、カリスマ。

裏では、「ボス」と呼ば れていた。

それほど、力があり、荒れた学校を更生させた手腕がある。

それはもう、逆らえなかった。

怖くてというより、尊敬の念が強すぎてだ。

そのボスが、「やれ」といっている。

そう、やらないなんて選択肢は最初から存在しない。

 

 

いざ、トイレの中に入る。

男子便所は、汚いことは誰もが知っている。

それを素手でキレイにしろと 。

手袋は、もちろん禁止。

正直、トイレに手を触れた瞬間。

じんましんが出るんじゃないかというくらい、身震いした。

無意識に息を止めていた。

 

覚悟を決めて、便器をスポンジでこする。

運が良かったのは、僕は小便用の便器を担当したことだ。

大便器を掃除することになった、T君、ご愁傷様。

T君よりマシだったが、これがめちゃくちゃ汚いんだ。

トイレのふちは、赤さびがべっとり。

黄ばみもひどい。

僕は,やけくそになった。

まるで火をおこすかのごとく、こすりまくった。

 

 

すると、あら不思議。

めちゃくちゃ汚れが落ちていくのではないか!

嬉しさ反面、とっとと終わりたいという矛盾した気持ち。

ただでさえ多感な中学生の時期。

ここまで、めまぐるしく感情が揺さぶられたのは 、初めてだった。

 

結局、2時間作業し続けた。

よくもまぁ、2時間も便器をこすり続けたものだ。

不思議なことに 、時間が経つにつれ、素手で掃除するのに抵抗感がなくなっていった。

 

素手なんだけど、エネルギーの手袋を付けている感覚。

HUNTER×HUNTERでいう、オーラを手にまとった感覚。

そう、凝(ぎょう)を使っていたのだ 、きっと。

もはや、怖いものはなくなっていた。

 

 

掃除道具を片付けているとき、異変に気づいた。

なんだこの気持ちは…。

キレイになって、気持ちがいい。

いや、違う。

確かに爽快な気分なのだが、どこか違和感がある 。

しかも自分だけでなく、周囲の仲間も何か違う。

 

なんかこう・・・。

強くなった気がするのだ。

何の取り柄もない平凡な主人公が、ヒーロ ーに変身したみたいに。

心にぶれない芯が形成されたのだ。

 

 

これが、「便教会」の真骨頂か。

ただ、掃除するだけでなく、心を強くする。

確かに、このイベントを終えてから、自分に自信を持つことが多くなった。

 

ボス。これが狙いだったのですか。

だとしたら、さすがボス、我らがボス。

大人になった今

僕は一人暮らししている。

もちろんトイレ掃除をする。

最近では「サボったリング」なる、トイレの黒ずみが目立つようになっていた。

けして掃除をサボっていたわけではないと、言い訳をしておこう。

トイレブラシでこすったが、黒ずみを落とすことができなかったのだ。

 

 

なんとかして、黒ずみを落としたい。

そう思ったのもつかの間、僕は便器に手を突っ込んでいた。

もちろん、素手で。

 

ワイズ SDダイヤモンドパフ鏡・衛生陶器の汚れ落とし SD-001

 

ダイヤモンドスポンジという、魔法の道具の助けを得ながら、ガムシャラにこすった。

すると、黒ずみがとれるどころか、新品同様のキレイな状態に戻ったのだ。

 

もしあの時、「便教会」に参加していなかったら、この恩恵は得られなかっただろう。

普通に考えて、素手を便器の中に突っ込むなんて、考えられないはずだ。

けれど、僕は、ためらいもなくできたのである。

おかげで、キレイなトイレを保つことができている。

 

 

できるビジネスマンは、トイレ掃除を一生懸命にしている。

僕もその仲間に入ることができた。

あとは、できるビジネスマンになるだけだ。

「便教会」という神イベント

僕の中学校だけでなく、全国各地で行われいるようだ。

それほど、学ぶべきもの、得られるものがあるということだと思う。

先ほどは、鬼畜イベントと言ってしまったが…。

もっともっと、この神イベントを普及させるべきだ。

多くの人に、あの得も言われぬ快感を味わって欲しいと願う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です