「本気の育毛日記」継続中!

漢方薬はうつ病に対して、抗うつ効果はあるのか?

こんにちは、hiroです。

今日もうつ病のことを勉強中。

その中で、うつ病治療の助けになりそうなものがありました。

それが、漢方薬の使用についてです。

今回は、「漢方薬は抗うつ効果があるのか」をシェアします。

 

加味逍遥散の抗うつ効果

【第2類医薬品】ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒 24包

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)の抗うつ効果に関するメタ解析がなされました。

メタ解析とは、簡単にいうと、複数の研究結果を統合し、統計的手法を用いて分析を行うことです。

このメタ解析によると、加味逍遥散単独での治療がプラセボより効果があったそうです。

また、加味逍遥散と抗うつ薬の併用は、抗うつ薬だけ飲むよりも有効だったという研究もあります。

加味逍遥散とは

交感神経興奮によるイライラ、不眠症などに用いられます。

自律神経を調整し、イライラをしずめて、血行を促進する働きもあるようです。

加味帰脾湯の抗うつ効果

【第2類医薬品】加味帰脾湯エキス顆粒クラシエ 45包

 

加味帰脾湯(かみきひとう)をはじめ、他の漢方薬もうつ病に効果があったという研究もあります。

しかし、それらはエビデンスレベルが高くないそうです。

加味帰脾湯とは

消化器の働きを助けながら、不眠の改善を助けるそうです。

また、気分を落ち着かせて、精神を安定化させる働きもあります。

一度試す価値はあるかも

医師に相談することが前提ですが、抗うつ薬と漢方薬の併用ができれば、うつ病の治療に役立つかもしれません。

ただ、併用に対する弊害があるかもしれません。

一応、加味逍遥散は抗うつ効果が認められているらしいので、試す価値はあるでしょう。

医師に漢方薬のことを伝え、使用の許可を伺うようにしましょう。

あくまで付け合わせ

漢方薬に効果があるといっても、大前提として、栄養、睡眠、運動を行うことが大事。

それらがおろそかになっていれば、いくら漢方薬を飲んでも、効果は薄れてしまうでしょう。

基本的な治療を行いつつ、付け合わせとして漢方薬を使うスタンスが一番良いかと思います。

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒 24包

 

【第2類医薬品】加味帰脾湯エキス顆粒クラシエ 45包

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です