「本気の育毛日記」継続中!

高校生諸君,スポーツ小説「武士道シックスティーン」は超おすすめ。

こんにちは,hiroです。

今回は,誉田哲也さんの小説「武士道シックスティーン」を読んだ感想をシェアします。

 

武士道シックスティーン (文春文庫)

 

この作品は,「剣道」を題材にしたスポーツ小説です。

僕が一番共感したのは,エリートの剣道選手が,「なぜ剣道を続けるのか」に悩み続ける姿です。

好きだけでは続けることができない大きな壁を,女子高生がどう乗り越えていくのかが見物です。

あらすじ

全中準優勝の剣道エリート,磯山香織

なんと市民大会で,無名の選手に負けてしまう。

その選手の名は,西荻早苗(にしおぎさなえ)

ふたりは同じ高校に入学し,剣道部で再開した。

敵意丸出しの香織に対して,どこか抜けている早苗。

相反する二人の青春剣道物語が今,幕を開ける。

感想(ネタバレあり)

剣道をやる意味

僕が一番共感したのは,「原点に帰る」大切さ。

剣道エリートの香織は,ある時ふと,「自分がなぜ剣道をやっているのか」がわからなくなってしまいます。

そして,無気力になり,部活にも行かなくなりました。

しかし,悩み,もがく日々の中で,香織の父親,兄,剣道の師匠の助言で,少しずつ,剣道を続ける意味を見出していきます。

 

「好きで始めたことなのに,それの何が好きだったのか,見失っちゃうことって,あると思うんだよ。

でもさ…そういうときは,確かめりゃいいんだよな,きっと。

原点に帰るとかさ,なんかいうじゃん,そういうこと。

そういうの,初めて実感したっていうかさ,再確認したっていうか…うん。そうなんだよ」

香織が不器用ながら剣道を続ける理由を見つけたときのセリフ

 

僕は,自分が「何のために生きているのか」わからなくなるときがあります。

生きる意味がわからなくて,無気力になることも多いです。

今回,この作品を読んで,一度,自分の原点を考えてみようと思いました。

そうすれば,「なぜ」という問いが,見えてくるかもしれません。

友情が熱い

早苗は,剣道ができなくなった香織を心配し続けます。

なんとか香織を部活に復帰させようと,早苗自らを奮い立たせる姿に,僕は感動しました。

苦しんでいる友達のことを見捨てない早苗の優しさは,かっこよかったです。

高校生のときに読んでおきたかった

僕は,30歳を目前にして,初めて「武士道シックスティーン」を読みました。

読んでいるとき,何度も自分の高校時代の思い出がよみがえってきました。

僕も,香織と同じようなタイプで,勝つことが全てだと思ってきた人間です。

そのため,他の部員と良い関係を築けませんでした。

もし,僕が高校生のときに,「武士道シックスティーン」を読んでいたら,違った部活動生活を送っていたのかもしれません。

それくらい,大切なことが描かれている小説だと思いました。

とても読みやすく,笑いあり,感動ありの作品なので,きっとあなたの心に引っかかる作品だと思います。

高校生の方には,ぜひ一度,読んでもらいたいですね。

 

武士道シックスティーン (文春文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です