「本気の育毛日記」継続中!

【ネタバレ感想】誉田哲也・作「ドンナビアンカ」は恋する男の物語。

こんにちは,hiroです。

今回は,誉田哲也さんの小説「ドンナビアンカ」を読んだ感想を書きます。

 

ドンナ ビアンカ (新潮文庫)

 

どこか切なく,心温まる物語だと思いました。

 

あらすじ

ある日,大手外食企業役員と店長が誘拐された。

女刑事の魚住久江は,腐れ縁の金本とともに捜査に召集される。

 

犯人は身代金を要求していたが,受け渡しは失敗する。

その警告のように,切断された被害者の体の一部が送りつけられる。

はたして無事に,人質を解放することができるのか。

 

感想(ネタバレあり)

恋を成就させたいが…

誘拐された男の一人は,ある中国人女性に恋をしていた。

その中国人女性も,男のことを愛していた。

しかし,権力によって二人の愛は,なかなか成就されない。

 

僕は読んでいて,とてももどかしくなりました。

愛し合っているのに,なぜ幸せになれないか。

本書を読めばすべてがわかります。

 

会うことすら難しい状況になっても,女性のことを思い続ける男に共感しました。

読んでいくうちに,どうかこの男の恋が実ってほしいと思うほどでした。

 

誘拐捜査の現場

魚住久江らが懸命に犯人を見つけ,人質を解放しようとする臨場感が素晴らしかったです。

リアリティがあり,泥臭く解決への糸口を見付けようとする姿は勇敢でした。

 

魚住久江はやさしい

魚住は,捜査するときも,常に相手のことを考えて行動しています。

最初は中国人女性を疑っていたのも,目や表情を見ただけで,シロだとわかるくらい。

これは,人に対する思いやりがないとわからないことだと思います。

 

魚住久江は,「起こった事件を捜査するよりも,事件を未然に防ぐ方が大事」と思っています。

このような信念が,刑事・魚住久江を成しているのだと感じました。

 

感動したラスト

個人的に結末はうるっときました。

恋が成就したか否かはぜひ,小説を読んでいただきたいです。

 

ハッピーエンドかバッドエンドかは置いといて,魚住久江のやさしさが光り輝いていたラストだと思いました。

読後は心が温まるような,そんな気がします。

 

誉田哲也シリーズ

作者である誉田哲也さんは,「姫川玲子シリーズ」や「ジウシリーズ」といった刑事物語を書いています。

本書の「ドンナビアンカ」はこれらのシリーズに加えて,新たな刑事物語として位置づけられるのではないでしょうか。

今後の続編が楽しみですね。

 

誉田哲也さんの小説は,心理描写がとても素晴らしい。

この人の作品は,読み手の感情を大きく揺さぶってきます。

単なる読み物ではなく,自分自身の心を養う素晴らしい小説。

間違いなく,僕が一番好きな作家さんです。

 

ドンナ ビアンカ (新潮文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です