「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

傑作!ストロベリーナイト「ブルーマーダー」は間違いなく姫川玲子シリーズNo.1【ネタバレ感想】

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「ブルーマーダー」を読んだ感想を書きます。

 

ブルーマーダー (光文社文庫)

 

本作は「姫川玲子シリーズ」の第6弾。

裏社会の人間を恐怖に陥れる怪物が暗躍する物語です。

 

あらすじ

池袋での暴力団組長殺害を皮切りに、次々とその筋の人間が抹殺される。

その手口と残虐性から、裏社会の人間を恐怖に陥れていた。

 

池袋署に勤務する姫川玲子は、その事件の首謀者である怪物の存在に気づき始める。

とてつもない強さを誇る連続殺人犯の正体とは!?

 

感想(ネタバレあり)

姫川玲子シリーズでもっとも凶悪な犯人と言っていいのではないでしょうか。

人をおもちゃのように扱い、殺害することに何の躊躇を持たない犯人はまさに「怪物」にふさわしいと思いました。

 

けれどその犯人にも、消すことのできない過去の痛みがあり、その過去に引きずられて生きているのです。

単なる事件ではなく、極悪非道な行為の裏に隠された、人間の感情を紐解きながら読むとおもしろいと思います。

 

姫川玲子の再出発

前作の「インビジブルレイン」で事実上、警視庁捜査一課から所轄へ左遷された姫川玲子。

 

インビジブルレイン (光文社文庫)

 

もう一度、姫川班を結成すべく、所轄での勤務も全力で当たります。

相変わらずの無鉄砲さで周囲を戦々恐々とさせる姿は、読むものを楽しませてくれます。

 

これでしっかり結果を出すところがまたすごい。

今回も、姫川玲子の躍動を堪能できます。

 

菊田との再会

事件の捜査中に、姫川班だった部下の「菊田」に再会します。

この二人は、お互いに好意を寄せていましたが、なかなか次の一歩が踏み出せず、結局うやむやになってしまっていました。

 

そんな中、菊田は飛ばされた所轄で出会った女性となんと結婚してしまうのです。

玲子と菊田はいずれ結ばれるのかなと思っていた僕でしたが、まんまと予想が外れました。

菊田の奥さんは作中に登場するのですが、芯が強く、優しい女性でした。

 

玲子は菊田と再会したときに、左手の薬指に結婚指輪がついていたことに気づきます。

このとき、玲子は自分自身が意外と冷静だったことに気づきます。

その後の捜査会議では上の空でしたけど。

 

姫川玲子という容姿端麗の美女の恋模様も気になるところ。

菊田がダメで、以前カラダの関係を持ちそうになった、「インビジブルレイン」で登場する牧田という暴力団幹部もダメ。

 

次はいったい誰が、姫川玲子に接近するのか、ちょっと期待してしまいます。

少なくとも、井岡であってはほしくないですけども。

 

殺人鬼の正体

今作の事件はの犯人は、犯行の残虐性から、怪物として恐れられます。

しかしその犯人にも、犯行に及ぶ理由がしっかりあります。

 

なぜ裏社会の人間ばかり狙うのか。

事態はどんどん大きくなっていき、警察との戦闘もあります。

 

物語が進むにつれ、犯人の姿と犯行の動機が明らかになります。

それを知ったとき、僕は、なんだかむなしく感じました。

詳しくは小説を読んでいただきたいのですが、少しやるせない感じがしました。

 

事件の犯人には、共犯者がいます。

その共犯者も人間味があり、どうも憎めません。

何が善で、何が悪か。

考えさせられました。

 

今回の物語はとてもおもしろかったです。

次回作にも期待しています。

ストロベリーナイト・サーガ

追記

2019年4月から放送されている「ストロベリーナイト・サーガ」。

主演の二階堂ふみさんが、「姫川玲子」。

亀梨和也さんが、「菊田」。

江口洋介さんが、「勝俣」。

 

テレビドラマ前作の、「ストロベリーナイト」のキャストを、がらりと変えたドラマが放送されました。

なんでもそうですが、前作を観た人は、先入観があるので、どうしてもドラマに違和感が生じてしまいます。

それはしょうがない。

いつかは慣れると思います。

 

が!

 

僕はやっぱり「姫川玲子」は、竹内結子さんが一番!

原作を読んでも、姫川玲子のイメージは、ロングヘアーの美女。

竹内結子さんは、その役にぴったりハマっていたと思います。

 

まぁ…竹内結子さんのファンということもありますけどね。

 

 

ブルーマーダー (光文社文庫)

 

インビジブルレイン (光文社文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です