【ネタバレ感想】誉田哲也・作「感染遊戯」では、ガンテツの魅力が最大限に発揮される。

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「感染遊戯」を読んだ感想を書きたいと思います。

感染遊戯 (光文社文庫)

ストロベリーナイトなどの「姫川玲子シリーズ」におけるヒールキャラ、「勝俣」の活躍が描かれているスピンオフ作品。

警察組織に染まらない、ある意味ダークヒーローが躍動します。

あらすじ


ある事件を追う姫川玲子に、ガンテツこと勝俣警部補が15年前に起きた事件について語り始める。

ひとつひとつの短編での物語が、最終的にはひとつの長編物語として姿を現す。

勝俣警部補の規格外の行動で、バラバラだった事件がひとつにまとまり、やがて戦慄の真相が明らかとなる。

感想(ネタバレあり)


今回の作品は、姫川玲子シリーズのスピンオフ的なもの。

ですが、物語の内容が濃く、事件の謎も混迷を極めていきます。

非常に読み応えのある作品だと思いました。

ガンテツこと勝俣の活躍

今回の主役は、勝俣警部補。

周囲からは「ガンテツ」と呼ばれています。

姫川玲子はこのガンテツを、嫌っており、周囲の刑事たちの評判もあまりよろしくない。

勝俣は周囲に物怖じをせず、自分なりの捜査で事件を追っていきます。

そのやり方に反感を持つ刑事がいる一方で、着実に成果を上げていくという、なんともイヤらしい存在。

まさにヒール的存在の勝俣ですが、捜査に対する執念は半端ではありません。

むしろ、他の刑事が見習うべき点はたくさんあるのかなと思いました。

実際、姫川玲子の元部下である葉山則之も、ガンテツの捜査力に一目置いている。

悪役なのは間違いない勝俣であるが、どこか憎めないところがいい。

今後のシリーズ作品も、良い味を出してくれること間違いなしだと思います。

事件の謎

本作は、いくつかの短編、中編が描かれています。

しかし最終的には、1つの大きな長編物語に変貌するのです。

このミステリーサスペンスの要素も十分楽しめます。

ラストの事件の真相が明らかとなったとき、ものすごく壮大なスケールだったんだなと認識させられました。

脇役ではなかった

ガンテツこと勝俣警部補も、葉山も、けして脇役ではありませんでした。

姫川玲子のキャラが強烈なため、脇役と思われがちですが、よくよく見てみると、彼らのキャラも十分すぎるほど濃いです。

改めて、シリーズに登場するキャラたちの個性と魅力にとりつかれました。

また、本作で葉山はガンテツの部下となるわけですが、今後の作品で、姫川班に再度加わるのかが、見所です。

ガンテツ自身、葉山の能力を高く評価していますし、そばに置いておきたいとも思っています。

一方、玲子も葉山には姫川班に戻ってきて欲しいと思っています。

この玲子とガンテツの宿敵同士の争いも、今後の見所ではないでしょうか。

今後の作品に期待したいと思います。

感染遊戯 (光文社文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告