「本気の育毛日記」継続中!

自転車はダイエットに効果的!たった15分で〇〇kcal消費できる。

こんにちは、hiroです。

僕は普段、家でエアロバイクを漕いでいます。

そこで今回は、「自転車でのダイエットがどれほど効果的なのか」を僕の経験を踏まえてシェアします。

 

21Technology Crossbike[CL266] クロスバイク シマノ製6段変速ギヤ付き 700×28C (マットブラック)

 

意外にも簡単にカロリー消費ができるので、ダイエットにはおすすめです。

 

自転車ダイエット

消費カロリー

 

15分で100キロカロリーの消費。

これは、僕のエアロバイクに表示される消費カロリーの目安です。

 

このときの負荷は、「リズムよく速いペースで漕ぐスピード」です。

距離は、15分で3kmほど走ります。

ということは、5分で1kmの計算になります。

 

生活で自転車を漕ぐスピードよりも、少し速いペースと思ってください。

つまり、15分で3km漕いで、100キロカロリーの消費ということになります。

 

もちろん自転車の機種やギアの重さによって、消費カロリーは変わります。

軽いギアで漕げば、100kcalを消費するまでに時間がかかります。

目安は、5分で1km走ると言う目安を持っているとよいかもしれません。

 

自転車ダイエットのコツ

 

自転車を漕ぐときに、ひとつだけ注意してください。

それは、「ラクをしない」こと。

 

自転車はどうしても太ももが疲れます。

すると無意識に漕ぐスピードを落としたり、ギアを軽くします。

 

この状態で数十分漕いだとしても、消費カロリーはさほど多くはなりません。

なので、「できるだけ負荷がかかった状態」で長い時間漕ぐと効果的です。

 

できるだけ負荷がかかった状態といっても、最初は感覚がつかめません。

イメージとしては、「軽く息がはずむ程度」がよいと思います。

 

きつすぎてもダメ、楽すぎてもダメ。

この負荷をつかむのは熟練者でも難しい作業です。

あせらずじっくり、自分なりの負荷を見つけてください。

 

通勤・通学でダイエットできる

21Technology Crossbike[CL266] クロスバイク シマノ製6段変速ギヤ付き 700×28C (マットブラック)

 

自転車で通勤・通学している場合、それ自体がすでにダイエットになっています。

自転車も立派な有酸素運動。

長い時間漕げば漕ぐほど、カロリーをたくさん消費することができます。

 

もし今、自転車で通っているならば、ほんの少しだけ、スピードを上げたり、ギアを重くしてみてはいかがですか?

負荷を高めれば高めるほど、消費カロリーは多くなり、体重減少にもつながります。

 

また、車で通勤している人でも、職場までの距離が10kmくらいだったら、自転車でも十分に通える距離だと思います。

 

毎日、自転車に乗るのではなく、この曜日に乗ると決めたり、雨の日は車にするというふうに決めれば、普段の生活に有酸素運動をとりいれることができます。

 

家でエアロバイク

外で自転車が乗れない環境であれば、家で自転車を漕いでみてはいかがですか?

今は、家の中でエアロバイクが簡単に漕げる時代。

コンパクトで機能の高いエアロバイクも出てきているようです。

 

 

ちなみに僕は、最高級のカイザー製のエアロバイクに乗っています。

値段はなんと28万円

 

何年も買うか迷った製品で、つい最近、思い切って購入してしまいました。

結論からいうと、買って大正解でした。

 

このバイクの最大の特徴は、「完璧な静音」ということ。

普通のエアロバイクは、漕ぐと「ウィーン」という音がします。

 

しかしカイザーは、「ぷす~」という空気が抜ける音のような静かさなのです。

たとえていうなら、ガスが切れかかっているスプレーの音に似てるかも。

 

たとえがわかりにくくてすみません。

とにかく静かすぎるのです。

 

KEISER(カイザー) m3 インドアサイクル 5500PBC

 

家で運動するときに一番ネックになるのが、音のうるささだと思います。

けれどカイザーのバイクは、テレビを見ている横で漕いでもそんなに気になりません。

見た目やデザインもかっこいいですし、おすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です