「本気の育毛日記」継続中!

うつ病の朝はだるい。脱力感と無気力感がすごいのだ。

こんにちは、hiroです。

今回は、「うつ病の人の朝の過ごし方」について僕の体験をお話しします。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

うつ病の朝はだるい

脱力感

仕事に行こうと思っても、体がいうことを聞いてくれない。

「行かなきゃ食っていけない」と焦っても、一歩たりとも動こうとしない体。

まったくコントロールができなくなります。

 

朝の短い時間に、心と体の葛藤が幾度となく繰り返されます。

そして、動かない体が勝利し、その日の仕事を休むはめになる。

 

動けないのは、おもに体に力が入らないことから起こるような気がします。

手をギュッと握ってみても、握力がまるでありません。

 

がんばってベッドから起き上がってみても、フラフラと足取りがおぼつきません。

「力」というものが完全に体から失われてしまったような感覚です。

 

この脱力感は、疲労感に似ています。

常に疲れている感じ。なので、すぐにベッドに戻ると、寝ることができます。

いわゆる二度寝ですが、仕事に行かず、また眠ることにいつも罪悪感を抱いていました。

 

力が入らないんだから、まだ治っていない。

腹をくくって治療を続けるほかなさそうです。

 

無気力感

心では、仕事に行かなきゃと思っても、無意識では、意欲はわいていないかもしれません。

自分では意欲はあると思っていても、やはり完全には、取り戻していない感じです。

 

言葉で説明するのは難しいですが、意欲は多少あるけれど、無気力感のほうがまだ大きいため、行動に反映することができないような感じです。

 

もしかしたら僕の「仕事に行かなきゃ」というのは、意欲ではなく、責任感からくるものかもしれません。

自分の中で、働かざる者食うべからずと言う固定観念があり、それに縛られているせいで、無気力なのにがんばろうとする。

 

だとしたら、自分の持っている常識を壊す必要があるのかもしれません。

自分がうつ病になった原因のひとつに、完璧主義過ぎたり、真面目すぎるところがあります。

 

これは昔からの僕の性格なので、変えるのはなかなか難しいかもしれません。

ですが、考え方を変えることはできるかも。

 

自分にとって楽な考え方を探して実践することで、僕自身が自分で巻いている悪い種を回収できるような気がします。

もちろん、言葉で言うことは簡単ですが・・・。

 

朝を快適に過ごすために

うつ病からの脱却は、朝が基準のような気がします。

朝にしっかり活動できれば、日中も活動でき、疲労が溜まって夜には眠たくなる。

この良いサイクルを回すことができれば、生活のリズムもでき、普段の日常に戻れそうな気がします。

 

とはいうものの、朝はだるいと感じるということは、まだまだ治療が必要ということだと思います。

あせらず、じっくり治療をすることで、再発を防ぎ、うつ病を完治させることができるのではなかろうか、と思う次第。

うつは自分で治せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です