男の顔痩せの方法は?頬肉を落とすダイエットのやり方は超単純。

こんにちは、hiroです。

僕は3ヵ月で15kgのダイエットに成功したことがあります。

それ以来、ダイエットを何度も繰り返しているのですが、自身の経験から、顔痩せに必要な方法が明らかになりました。

今回は、「顔痩せをするためには、どんなダイエットをしたら良いのか」をシェアします。

意外と知らない体脂肪の真実 (健康人新書)

顔痩せダイエットの方法


頬肉を落とすためには

結論から言うと、「普通にダイエットをしていれば、顔も自然と痩せていく」ということ。

つまり、顔痩せに特化したダイエットはまったく考えなくても良いということです。

頬やあごに付いた脂肪を落とすのは、さほど難しくありません。

その理由を説明します。

脂肪にはやせる順番がある

体の脂肪は、使われる順番があります。

ダイエットしたとき、最初に痩せるのが、顔や腕といった部位です。

その後、ダイエットを続けると、足やお腹、背中の脂肪が順番に使われていくのです。

僕自身も、最初は顔から痩せていきました。

次に腕や胸回りがやせていきました。

お腹の脂肪は、ダイエットを結構続けないと落ちませんでした。

なので、顔は痩せているけど、お腹は出ているという状態になることもあります。

頬がこけてお腹が出ているのは、なんとも不格好。

ですが、そのままダイエットを続けていくと、お腹の脂肪も落ちました。

このように、脂肪の燃焼には、順番がある。

そして,顔は比較的早く燃焼されるということを覚えておきましょう。

部分痩せはできない

部分痩せはできないと考えた方が良いです。

科学的にもできないという結論のほうが支持されています。

僕は以前、スポーツ選手の体脂肪や筋肉量などを測定する仕事をしていました。

あるとき、同僚が、部分痩せについて実験したことがあります。

同僚は、「特定の部位を多く使っていると、その部位の脂肪が少ない」という仮説を立てました。

例えば、右足を多く使う競技の選手は、右足の脂肪が左足に比べて少ないと仮説を立てたのです。

実際に、その選手の右足の脂肪の厚さを測定してみると、あまり使わない左足の脂肪厚と変わりありませんでした。

つまり、「特定の部位をたくさん動かしても、部分的に脂肪が使われるということはない」という結論が出たのです。

顔痩せは考えなくてよい

僕の経験から、顔を痩せようと、顔のストレッチやマッサージをしても、あまり効果がないと思います。

顔の脂肪を落とすには、いわゆる総合的なダイエットをすれば、必然的に痩せていくのです。

どうしたら顔の肉を落とせるかを考えるよりも、どうしたらダイエットを成功させられるかと考えたほうが、効率的だと思います。

頬肉のたるみ、二重あごの原因は皮?

とはいうものの、下を向くと、二重あごになってしまうことがあるかもしれません。

ダイエットしたのに、二重あごになるのは、もしかしたら顔の皮がたるんでいる可能性がります。

お相撲さんを思い浮かべてください。

あれだけ太っていた人が、ダイエットして何十キロとやせると、皮がたるんでしまいます。

ボディビルダーもよく減量をします。

見た目は筋肉ムキムキに見えますが、実はお腹の皮を引っ張ると、結構皮が伸びることがあります。

特に急激にダイエットすると、皮がたるんだままになることが多いようです。

顔のたるみを予防するには

顔のストレッチやマッサージを行うと良いと思います。

脂肪を燃焼するためではなく、顔の肌の質を良くする意味で行います。

詳しいやり方は、割愛しますが、美顔効果のある器具も売られているようなので、試してみると良いかもしれませんね。

意外と知らない体脂肪の真実 (健康人新書)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告