「ストロベリーナイト(誉田哲也・作)」の姫川玲子が好きすぎて…。

こんにちは、hiroです。

今回は、誉田哲也さんの小説「ストロベリーナイト」を読んだ感想を書きます。

ストロベリーナイト (光文社文庫)

この作品は、竹内結子さん主演で、ドラマ化、映画化もされました。

ストロベリーナイト シーズン1 Blu-ray BOX

「姫川玲子シリーズ」の原点である警察小説。

単なるミステリーやサスペンスではなく、読み手の心を揺さぶる心理描写の優れた作品です。

あらすじ


警視庁捜査一課の警部補「姫川玲子」は、ある事件をきっかけに、「ストロベリーナイト」という謎の言葉を紐解いていく。

単なる殺人事件でなく、警察を大きく揺れ動かす事態まで事は発展してしまう。

姫川玲子は、個性豊かな登場人物とともに、やがて明らかとなる大きな事件の陰謀を暴いていく。

感想(ネタバレあり)


このストロベリーナイトで、僕は「姫川玲子シリーズ」のファンになりました。

本作品は、謎めいた事件がどのように明らかにされていくかだけでなく、登場人物の心情を紐解きながら解決していくと思います。

僕も感情移入してしまうほど、物語の世界に引き込まれていきました。

姫川玲子という美女

容姿端麗、頭脳明晰。

そんな人のお縄になりたいとさえ思ってしまう。

それくらい、姫川玲子は魅了満載の女性です。

人前では気が強く、サバサバしているように見えても、実は繊細で弱々しい一面を持っているのにまた、男心をくすぐられます。

僕は姉さんタイプが好きなので、姫川玲子は、個人的にドストライクです。

すっかりファンになってしまいました。

姫川玲子の過去

姫川玲子自身も、心に傷を負っています。

その傷の影響で、彼女の行動を飛躍させたり、制限させたりします。

事件に対する嗅覚も、傷が影響していることもあると思いました。

読んでいくにつれて、姫川玲子の魅力が深まっていきます。

クセの強い登場人物たち

姫川玲子だけでも十分インパクトありますが、登場人物にはもっとクセの強い人たちが出てきます。

例えば、玲子の宿敵とも言えるガンテツこと「勝俣」。

玲子のことが大好きな関西弁の「井岡」。

玲子に信頼を寄せる「菊田」。

玲子の頼りがいのある上司「今泉」などなど。

本当にキャラが濃い。

特にガンテツこと勝俣は、本当に際立つキャラです。

同じ警視庁にいながらも悪役の勝俣は、この物語のスパイスとなっていると思います。

登場人物たちのやりとり

特に、捜査会議のやりとりがリアルな感じがして良いです。

空気が張り裂けそうなくらいの緊迫感があり、ときには罵詈雑言が飛び交います。

人間模様も楽しめる作品だと思いました。

ミステリーとしても楽しめる

事件は事件で謎が多いです。

最終的には、まったく予想だにしない結末が待ち受けています。

最初は小さなといったら変ですが、よくある殺人事件からスタートします。

それが事件を紐解いていくうちに、もっと大きな事件が暗躍していたりします。

次から次へと問題が降りかかるので、次の展開が気になってしまいます。

僕は一気読みしてしまいました。

それほど、事件のほうも気になる作品でした。

犯人に感情移入してしまう

殺人事件は悪いことです。

しかし、犯人にも同情してしまいました。

事件の全容が明らかになるにつれ、これは、単なる極悪非道な殺人事件ではないことに、姫川玲子は気づきます。

たしかに、事件が解決するときには、僕はやや切なさを感じました。

正義と悪、双方ともに人間の感情を存分に楽しめる作品だと、僕は思います。

ストロベリーナイト (光文社文庫)

ストロベリーナイト シーズン1 Blu-ray BOX

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告