「トランポリンダイエット」のやり方と効果と不思議な体験。

こんにちは、hiroです。

最近、「トランポリンダイエット」をしている人が多いみたいですね。

スポーツジムのスタジオレッスンに取り入れられたりもするそうです。

ジムに行けない人でも、自宅でできるトランポリンが売られています。

リーディングエッジ フィットネス トランポリン DVD付き 手すり マットセット ピンク LE-FDT40hdl

僕も大学時代、体育館にある体操部用のドデカいトランポリンを跳んでいました。

自分がサーカスの団員になったかのように、天高く跳ぶことができて気持ち良かったなぁ。

そこで今回は、大学時代にトランポリンを跳んだ経験を踏まえ、「トランポリンダイエットのやり方と効果」を考えてみたいと思います。

トランポリンの効果


効果1.カロリー消費がすごい

トランポリンを跳び続けると、結構カロリーを消費します。

僕も大学時代にトランポリンを跳んで、汗だくだくになった経験があります。

跳んでいるときは、風を感じるので、汗をあまり感じません。

しかし、跳び終わった直後に、体が熱くなり、汗がダラダラ止まらなくなるのです。

結構、息切れもしていました。

それほど、ハードなんです。

消費カロリーは確実にウォーキングや軽いジョギングよりも多いと思います。

効果2.体幹を鍛えられる

トランポリンを跳んでいると、空中でバランスをとろうとします。

そのときに、体の筋肉をたくさん使うのです。

バランスをとるには、腹筋や背筋などの体幹の筋肉が使われます。

つまり、トランポリンはダイエットだけではなく、筋力アップにもつながるということですね。

効果3.下半身を使える

僕はトランポリンで跳んだあと、疲労で足がプルプル震えました。

それほど脚力を使っていたという証拠です。

下半身の筋力がどれほど鍛えられるかはわかりませんが、足に影響を及ぼしているのは確かです。

脚の筋肉を使えるということは,脚やせができる可能性があります。

筋肉は太くなるだけでなく,シルエットもよくなるので,躊躇せず跳びましょう。

トランポリンダイエットのやり方


運動時間

トランポリンは、何十分もできる運動ではありません。

5分できればいいほうじゃないでしょうか。

ですが、5分だけでは、ダイエット効果が得られるとは言えません。

なので、5分を5セットなどと、小分けにして時間を稼ぐと良いと思います。

跳び方

普通にジャンプするだけでいいと思います。

慣れてきたら、トランポリンのうえで、もも上げをしてみたりするのもいいと思います。

ただ、転ばないように十分に気をつけてください。

注意点


1.騒音対策を

自宅でトランポリンを跳ぶ場合,騒音に注意してください。

床に防音シートを敷くのも対策のひとつです。

2.女性はしっかり胸をホールドする

ジョギングでもそうですが,飛んだり跳ねたりすることで,胸に衝撃が加わります。

その際,胸を支えている靭帯を痛める可能性もあるかもしれません。

今はスポーツ用のウェアが進化しているので,スポーツ店などで,店員さんに相談して選んでみてはいかがでしょうか。

トランポリンの不思議


僕は大学時代、トランポリンを跳んでいて、不思議な体験をしました。

それは、「トランポリンを跳んだ直後、地面でジャンプができなくなる」というもの。

トランポリンであれほど天高く跳んでいたのに、地面で自分の力で跳ぼうとすると、まったく跳べなくなるのです。

足が棒になってしまったような感覚でした。

トランポリンを跳んでいた時間は5分くらいでしょうか。

理由はわかりませんが、おそらく筋力や重力が関係しているのかもしれません。

とにかく、本当に地面でのジャンプが数十秒できなくなったで、すごくビックリしました。

これは僕だけでなく、他の人も体験しているようです。

もしあなたもトランポリンをする機会があったら、直後に地面でジャンプしてみてください。

きっと驚くと思いますよ。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告