トイレで尿を足したらめちゃくちゃ濃い黄色でビックリした件。

こんにちは、hiroです。

今朝、起きてすぐにトイレで尿をしました。

そしたら、ビックリ。

真っ黄色だったのです。

いつもの尿と明らかに違う色だったので、すぐにわかりました。

「なんでこんなに黄色いの?」

ふと疑問に思いました。

そこで今回は、「尿が黄色くなる原因」について調べてみました。

おしっこが黄色くなるというか、濃くなるのはおもに3つの原因があるそうです。

原因1.寝起きの尿


朝起きた直後に出す尿は、色が濃いそうです。

これは夜寝ているときに、おしっこの量を減らす作用が体の中で働くからだそう。

尿量が少なくなれば、それだけ濃縮された尿ができあがるわけです。

たとえて言うなら、プロテインの粉を少ない水に入れて溶かしたら、味が濃くなったような感じ?

違うかな?(笑)

とにかく、朝の尿は、濃くても問題ないとのことです。

しかしながら僕の場合、いつもより尿の色が黄色かったのです。

他にも原因があるのでしょうか。

原因2.脱水のサイン


体は、体内の水分の量をうまく調節しています。

体の中に水分が少なければ、おしっこを作る腎臓にまわす水分量を減らすらしいのです。

そうすると、濃い尿ができあがるということです。

よく、「疲れていると尿が黄色くなる」と言われています。

しかし正しくは、「脱水していると黄色くなる」だそうです。

とはいうものの、疲れと脱水は関係あるかもしれませんね。

疲労感が出てきたら、水分補給をするのもいいかもしれません。

朝起きたときよりも尿の色が濃ければ、脱水のサインとなるそうです。

そうしたら、すぐさま水分補給をするといいでしょう。

原因3.サプリメントをとったとき


尿が濃くなる他の原因として、ビタミンB群を含むサプリメントや栄養ドリンクを飲んだときがあるそうです。

これは、尿自体に問題があると言うよりも、サプリメントの成分だそうなので、特に心配する必要はないかもしれませんね。

僕の尿が黄色くなった原因


尿が濃くなる原因は、「朝の尿」「脱水」「サプリメントの影響」の3つが考えられることがわかりました。

では、僕はどれが当てはまるでしょう。

おそらく、「脱水」だと思います。

もともと水分補給をそんなにしない生活をしています。

さらに上乗せして、前日に、有酸素運動を1時間みっちり行いました。

これが原因だと思います。

有酸素運動で、かなり汗を出しました。

しかし、水分補給は、300mlほどしかとりませんでした。

これでは、体外に出た水分量のほうが多くなります。

結果、脱水になり、尿の色が濃い黄色になったのでしょう。

おまけにその日は、コーヒーをがぶがぶ飲んでいました。

コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインは利尿作用があります。

つまり、コーヒーを飲むと、おしっこが近くなるのです。

おわりに


僕の尿が真っ黄色になった原因は、「脱水」ということがわかりました。

今回は、目に見えるほど明らかに色が濃かったので、ビックリして調べましたが、身体の異常のサインは、おしっこを始め、いろんな症状として表れるのでしょうね。

サインに自分が気づけるように、健康に気を配っていきたいと思います。

とりあえず、水分補給をこまめにして、尿の色が正常に戻るかを試してみます。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告