【ダイエット】よく噛んで満腹感を得ることが、物足りなさを防ぐことに気づいた。

こんにちは、hiroです。

前回、野菜の酢漬けに挑戦しました。

食材は、もやしとキャベツ、そしてキュウリ。

結論からいうと、おいしかったのは、キュウリだけでした。

なぜ、酢漬けをしようと思ったのか。

それは、これから夏に向けて、さっぱりとしたものを食べたいと思ったから。

安い食材で、ダイエット食を作りたかったからです。

結果的に、野菜の酢漬けは失敗に終わりました。

しかし、思わぬかたちで、ダイエットになっていたのです。

よく噛むことの大切さ


生野菜は、シャキシャキで歯ごたえがあります。

特にキャベツとキュウリは、よく噛まないと飲み込めません。

僕は、酢漬けで作った野菜を、たくさん噛んで食べていました。

たくさん噛むように心がけたというわけではありません。

たくさん噛まざるを得なかったのです。

なぜ、噛むことが大切か


たくさん噛んで食べた結果、食事時間が長くなります。

すると、食事中に満腹中枢が働き始めました。

いつもは、5分もかからず、夕食を済ませてしまいます。

なので、満腹感が得られる前に、食べ終わってしまいます。

ですが、酢漬けを食べていたときは、30分かかりました。

食事を初めて満腹感を感じるようになるには、20分はかかると言われています。

これは、胃の中がいっぱいになったのではなく、複雑な体の生理現象があって成り立っているらしい。

ポイントは、胃の中をいっぱいにしなくても、満腹感は得られるということ。

そのためには、20分という食事時間の目安が必要です。

外食でコース料理を食べると、1皿1皿は少ないのに、コースが終わるころには、満腹感を感じているということがあります。

これは、時間が関係しているのでしょうね。

つまり、ダイエット中のときも、しっかり噛んで、食事の時間を長くすれば、満腹感を得ることができると言うことです。

一口30回噛む


ひとくち、30回噛むといいと言われています。

「30回咀嚼(そしゃく)法」という食べ方もあるくらいです。

最初は、30回噛む前に飲み込んでしまいます。

これは、長年のクセなので、仕方ありません。

ですが、人間すぐに適応するもの。

いつのまにか、30回噛んでから飲み込めるようになるのだから不思議。

もちろん、意識しないと、長年のクセである「噛まずに食べる」反射が戻ってきてしまいます。

ダイエットするのであれば、毎食、「よく噛んで食べるぞ」と意識を注入したほうがいいですね。

噛まざるを得ない食材


僕は今回、キャベツやキュウリなど、固い食材を食べていました。

そのため、必然的に噛む回数が増えることに。

特に意識せずとも、食事時間が長くなったのです。

噛む練習がきつい人は、あえて、固い食材を取り入れるというのもいいかもしれませんね。

なんだかんだで、最近は、柔らかい食べ物を食べてしまうことが多いと思います。

これからダイエットを始める人は、カロリーだけでなく、食材の固さに目を向けてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告