【うつ病】不思議な体験。目を開けているのに寝ている感覚って?

こんにちは、hiroです。

不思議な体験をした。

朝、6時の出来事です。

今日こそは仕事に行こう。

そう意気込んで起きようとした。

けれど、体は動かなかった。

どうあがいても、ベッドから起き上がれない。

これは、うつ病になると頻繁に起こること。

しょうがない、今日も休みの連絡を入れようか。

そう思い、少し眠ろうと目を閉じてみる。

すると、不思議。

目を閉じても、目を開けたときと同じ感覚なのです。

え?

言っていることがわからないって?

大丈夫。

僕もよくわかってないから。

なんか、目を開けているときも、目を閉じているときも、体や脳は睡眠中のときの感覚だったのです。

目を開けて、意識があるのにもかかわらず、体は眠ったまま。

夢の中にいるような感覚とは違う。

はっきりと現実を感じている。

なのに、体は睡眠状態だった。

目を閉じると、「あぁ、今寝てるわ」と思い、目を開けても「あれ?寝てるわ」って感じ。

意味分かんないですよねぇ。

僕も意味がわかりません。

精神と体の分離は、何度も感じたことがあります。

分離というと大げさかもしれませんが、体を動かそうと思っても動かない、そんな感覚のことです。

うつ病になると、心と体がばらばらになり、苦労します。

でも今回は、体が動かなかっただけでなく、眠っていると感じたのです。

あら、不思議。

ちょっぴり混乱しながらも、なんかおもしろいと感じてしまうほどでした。

目を開けても閉じても寝てる状態。

もしかしたら、すごい体験ができのかもしれないな。

うつ病になると、いつもネガティブになります。

それが今回は、おもしろいと感じることができたということは、少しずつ、良くなってきている証拠かもしれません。

ただ、相変わらず朝は起きれない。

仕事に行く意思はある。

けれど体は動かない。

この状態を早くなんとかしたいです。

むりやり起きればいいのでは?

と自分でも思います。

けれどそのむりやりが、できないのです。

心と体をうまく統合させられるきっかけがほしい。

そんな風に思う今日この頃。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告