【メディア】僕がテレビを見なくなった2つの理由。

こんにちは、hiroです。

僕はテレビを見ません。

テレビ自体ありません。

なぜ僕がテレビを見ないのか。

わかりません。

特に深く考えたことがありません。

ということで、今回は、「なぜ僕がテレビを見なくなったのか」を考察してみたいと思います。

テレビを片付けた時期


最近までは普通にテレビを見ていました。

子どものころからずっと、テレビを見てきた自分。

テレビのない生活は考えられませんでした。

それがしかし、どういう心境の変化が起きたのか。

テレビをそそくさと片付けてしまったのです。

その理由を考えると、いくつか思い浮かぶことがありました。

理由1.インターネットがメインになったから

やはり1番の理由は、インターネット。

テレビに変わって、ネットで動画を見る機会が増えました。

今までは、仕事から帰ってきたら、「まずテレビをつける」という習慣でした。

それが今や、帰ってきたら「まずパソコンの電源を入れる」習慣に変わりました。

おもにYouTubeを見ているのですが、次から次へと動画が出てくるので、飽きずに見てしまいます。

おもしろいかと言われると、「うーん・・・おもしろいのもあるけど」という微妙な反応になります。

ということは、ただ漠然と画面を眺めているのかもしれませんね。

ニュース番組やトレンドも動画で見られるので、テレビの必要性が僕にはありません。

みなさんはどうでしょうか?

理由2.テレビに嫌気が差したから

年をとるにつれ、テレビ側の意図に気づけるようになりました。

純粋に見ていた子どものころとは違い、「今の情報の出し方おかしいでしょ」「偏りすぎじゃない?」とか、制作者の意図をあれこれ考えてしまうようになりました。

そうなると、なんだか窮屈で息苦しい。

僕は本を読むことが趣味なので、「フェイクニュース」や「真実」という類いの本も読みます。

それを読んでしまうと、純粋にテレビの情報を信じることができなくなります。

それはそれでいいと思いますが、あまりに疑い深くなってしまったので、嫌になりました。

たぶん、それがテレビを見なくなった理由の一つだと思います。

あとは、同じようなニュースや情報が、どのチャンネルを見ても流れていることです。

今で言うと、不倫や事務所脱退など、大きなニュースはどこでも流れています。

見ているこっちは、もうお腹いっぱいになるほど、同じことを何度も放送するのに嫌気が差しました。

あと、朝の情報番組。

以前は、朝の情報番組を見ながら、仕事に行く準備をしていました。

朝の情報番組は、決まった時間に決まったコーナーをやってくれるので、準備のリズムを作るのに役立っていました。

しかし、テレビを見なくなってから、そんなものは必要ないと確信しました。

むしろ、慌ただしくコーナーが変わるのは、騒々しかったんだなぁとも思います。

今では、朝カフェミュージックのようなゆったりした音楽をかけ、優雅に仕事に行く準備ができています。

やっぱりテレビって必要ないなと思いました。

おわりに


テレビのない生活。

悪くないと思います。

テレビを見ていないから、トレンドに乗り遅れることもありません。

もちろん、テレビにはテレビのいい点がたくさんあると思います。

たまにテレビ番組でおもしろそうなものをやっていると情報も入ります。

そういうときは、テレビ観たいなぁと思うこともあります。

まぁ、家にテレビがないので、見れませんけどね。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告