【ネタバレ感想】綾辻行人・作「Another エピソードS」は、美少女ミサキメイが躍動する。

こんにちは、hiroです。

今回は、綾辻行人さんの小説「Another エピソードS」の感想を書きます。

Another エピソードS (角川文庫)

この小説は、「Another」上下巻のスピンオフ作品となっています。

ミサキメイと謎の幽霊とのやりとりが見物です。

あらすじ


3年3組のとある現象を経験した青年に会うために、ミサキメイは夏休みに湖畔の屋敷を訪れた。

そこでミサキは、青年の霊に遭遇する。

その青年は、行方のわからなくなった自分の死体を探していた。

死体はどこにいったのか。

謎が謎を呼ぶホラーミステリ小説。

感想


幽霊が自分の死体を探すという、なんとも奇怪な物語。

最終的に自分の死体を発見するわけですが、その死体の有様がまぁひどい。

そんなところまで描写しなくても・・・。

というくらい気持ち悪いです。

なんとなく読み進めていた僕に、これはホラー小説だったということを思い出させてくれました。

ミサキメイの活躍

この小説では、ミサキメイが活躍していきます。

本編では謎めいた美少女として存在していた彼女の、いろんな一面を見ることができます。

僕が感じたのは、ミサキメイは肝が据わっているということ。

霊を感じることができるだけあって、物怖じしない性格は見習いたいものです。

ミサキの躍動もあって、青年の霊は、自分がどういう存在なのか、自分の死体がどこなのかを悟っていきます。

ラストの伏線

ラストでは、次につながる伏線が書かれています。

ラストなのに伏線?と思われるかもしれません。

しかし伏線なのです。

つまり、続編が出るということ。

小説の解説部分に、作者自身が、「Another」の3作目を書いていると公言しています。

つまり、またあの謎めいた恐怖を体感できるということ。

エピソードSで登場した人物がおそらく、次作の主人公になるのかなという予感があります。

なにはともあれ、楽しみですね。

Another エピソードS (角川文庫)

Another(上) (角川文庫)

Another(下) (角川文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告