【ネタバレ感想】綾辻行人・作「Another(アナザー)下」の謎の核心は、鳥肌ものでした。

こんにちは、hiroです。

今回は、綾辻行人さんの小説「Another」の感想を書きます。

Another(下) (角川文庫)

この作品は、上・下巻に分かれており、上巻での謎を下巻で解明していくという流れになっています。

僕は真相が解明された瞬間、鳥肌が立ちました。

そして少し、切なくなりました。

あらすじ


榊原ミサキ・メイが在籍する3年3組には奇妙な噂があった。

その噂のせいで、次々とクラスメートと関連の人々が死んでいく。

榊原たちは、謎を探求し、ついに死の連鎖を引き起こした元凶にたどり着く。

その元凶が明らかになったとき、榊原は思わず絶句してしまった・・・。

感想


上巻では、謎の連続でしたが、下巻はそれを解明していくので、爽快でした。

特に、ラストの一連の死の元凶が明らかになったときは、なんとも言いがたい興奮を覚えました。

それは、謎が解けたという達成感と、まさかという驚愕と、そんな・・・という悲哀。

いろんな感情が入り混じりました。

それくらい、すべてが明らかになる瞬間は、圧巻です。

これぞ、本格ミステリ。

自信を持って人に勧めることができます。

恐怖と立ち向かう中学生たち

意味不明な謎に翻弄される中学生たちの葛藤も共感できます。

もし自分が中学生のときに、こんな怖い経験をしたら、一生立ち直れそうな気がしません。

現に、元凶から逃げていく生徒たちもおり、非常にリアリティのある物語だと感じました。

ラストが切なすぎる

まさか元凶が・・・。

驚きと悲しみがわきました。

今までホラーとして読んでいた小説が、少しばかり、切なさを含ませています。

物語の核心である最大の謎が解けたとき、きっと切なくなるはず。

ちょっとウルッときました。

主人公の榊原は、とても辛い思いをしたのではないでしょうか。

榊原の胸中を探るのもおもしろいかもしれませんね。

おすすめミステリ


間違いなく、人に勧めることができます。

わかりやすいし、読みやすい。

中学生でも普通に読めるミステリ小説だと思います。

学園ホラーはいくつかありますが、その中でもおすすめしたい一冊です。

読んでいない方は、ぜひ、アナザーの世界に触れてみてください。

Another(上) (角川文庫)

Another(下) (角川文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告