「本気の育毛日記」継続中!

【ネタバレ感想】綾辻行人・作「Another(アナザー)上」こそ、王道学園ホラー。

こんにちは、hiroです。

今回は、綾辻行人さんの小説「Another」の感想を書きます。

 

Another(上) (角川文庫)

 

この作品は、ベストセラー「十角館の殺人」に次ぐ、新たな本格ホラーとして注目されました。

 

あらすじ

転校生の榊原は、自身の所属する3年3組の日常に違和感を覚える。

何かにおびえるような雰囲気や、同じクラスのミサキ・メイをいない存在として扱ったりなど。

 

そんな中、クラスメイトのひとりが死んでしまう。

クラスメイトはさらにおびえ、榊原への風当たりも強くなっていく。

 

負の連鎖は止まらず、次々と人が死んでいく中、榊原は美少女ミサキ・メイにある噂を聞く・・・。

そこに隠された恐怖の真実とは!?

 

感想

「非常におもしろい」のひとこと。

物語の世界観に引き込まれます。

中学校という舞台も、イメージを膨らませるのに役立っていると思います。

 

本格ホラー

なぜクラスメイトは死んだのか。

3年3組に言い伝えられる噂とは何か。

多くの謎が、読み手の好奇心を刺激します。

 

特に最大の謎が、3年3組にまつわる噂。

この噂のすべては、上巻である本作品では、明らかになりません。

下巻に大きく期待を寄せることができます。

 

とにかく読みやすい

綾辻行人さんの小説は、中高生でも楽しめます。

とにかくわかりやすいのです。

 

若干、刺激的な表現があり、苦手意識を持つ人もいるかもしれません。

ですが、わかりやすさ、読みやすさでいうと一級品。

 

文字を読んでいるという感覚より、その場の情景がイメージされる感じ。

物語の世界に引き込まれます。

 

謎の美少女ミサキ・メイの存在

この物語の解読に欠かすことができない登場人物である、ミサキ・メイ。

最初読み進めていたときは、この子はひょっとして幽霊なんじゃないかと思いました。

クラス全体もミサキのことを、まるでそこにいないように振る舞っています。

 

あいにくミサキは幽霊ではなく、生きている人間なのですが、ある意味人間味あふれるキャラクターとして本作には欠かせない存在です。

 

先が気になり一気読み

本格ミステリだけあって、先が気になってしょうがなかったです。

特に物語の核である謎がどう解明していくのかが、ページを次々にめくらせていきます。

物語の世界にひたりながら一気読みできるというのは、幸せですね。

 

下巻が気になる

物語の謎は、下巻に引き継がれています。

そしてそこで全容が解明されるわけです。

 

もちろん僕は、下巻も買いました。

早速読んで感想を書きたいと思います。

 

Another(上) (角川文庫)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です