【うつ病】朝さんぽのすすめ。

こんにちは、hiroです。

僕はうつ病。

家に引きこもる毎日。

暗闇の部屋に座る僕。

ますます病んでいく。

どうしたら負の連鎖を断ち切れるか。

薬を飲む。

よく眠る。

ストレスを解消する。

どれもこれも試した。

けれど、なかなか良くならない。

何か、気分が和らぐようなものはないか。

苦しみながらもあれこれ考えた。

その結果、一つの答えが出た。

それは「朝さんぽ」だ。

早朝、車の音も少ない時間。

ただひたすら歩く。

僕にとっては、これがよかった。

解放された気分になる。

朝日を浴びて、風を感じる。

鳥のさえずりや、草木が風になびく音。

目と耳が、喜んでいるのがわかる。

外気に触れる体。

春なので、朝はまだひんやりとする。

天然のクーラーを浴びているかのようだった。

やはり外に出ることは大切。

特に早朝は、うつ病にとっては神様的存在。

朝日は、精神を安定させるセロトニンを分泌させる。

風や鳥の鳴き声などは、五感を刺激する。

ウォーキングはリズムを刻む。

すると体のリズムも作られる。

いつも家という檻の中に閉じ込められていた気分。

外に出ると、一気に解放される。

自分の体が開く感じ。

時間が1秒、また1秒と動き始める。

また心が弾む瞬間がくるかもと、期待がもてる。

昼の散歩と違うのか。

全然違う。

空気感が違う。

朝は本当に新鮮な空気。

気持ちも新たにしてくれるのです。

僕のさんぽは、午後と夜。

今まではそうでした。

1時間くらい歩いて汗を流す。

それが気持ち良いと感じていました。

けれど、朝さんぽは、別次元の気持ちよさ。

本当に気持ちがいい。

朝起きるのは、辛いかもしれない。

けれど、朝にしないと、もったいない。

朝さんぽしたあとの朝ご飯。

最高ですよ。

お米が本当においしく感じる。

お腹いっぱいになったら眠くなる。

いいじゃないですか。

朝日はしっかり浴びれたし。

このままぐっすり寝ても。

誰も文句は言いません。

気候が暖かい今だからこそできる。

暑い、寒い。

いいや違う。

気持ちいい。

これが正しい。

できることなら、毎日朝にさんぽしたい。

けれど、雨が降る。

そのときは、家の中から窓を開ける。

雨音が、心を無にしてくれる。

ただ、風邪を引かないようにね。

外に出ると、五感が刺激される。

忘れていた何かを、思い出させてくれる。

もし今、自分がどうしたらいいかわからない。

そう思っているなら。

そんなときは朝の空気を感じてみよう。

僕自身、完治はまだまだ。

いつ治るのかさえ、わからない。

いつまたひどくなるのか、ビクビクしている。

同じ境遇の人も多いんじゃないかな。

一緒に乗り越えたい。

このブログを見て、何かを感じ取ってくれたら、嬉しいです。

さぁ、朝さんぽを始めよう。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告