「本気の育毛日記」1周年!詳細はこちら

【ネタバレ感想】有川浩・作「塩の街」は最高の感動作。

こんにちは、hiroです。

今回は、有川浩さんの小説「塩の街」を読んだ感想を書きます。

 

塩の街 (角川文庫)

 

有川浩さんの小説は何冊か読んだことがあります。

「海の底」を読んだときは、心の奥底が揺さぶられるほど、ドキドキしたのを覚えています。

今回もそんな期待をもちながら、読みました。

 

海の底 (角川文庫)

 

あらすじ

世の中は、塩が街を埋め尽くしていく「塩害」に悩まされていた。

人の体も塩となり、やがて命とともに崩れ落ちてしまう。

そんな世界を生きる人たちの心揺さぶられるストーリー。

 

感想(ネタバレあり)

最初から度肝を抜かれました。

最初の登場人物である「遼一」という青年。

この人が、本作の主人公だと思っていました。

けれどまさか序盤で死んでしまうとは思いませんでした。

 

物語の主人公は、「秋庭」という屈強な男と、少女「真奈」

この二人の塩の街で生きていく姿が描かれています。

多くの人が塩害で死んでいき、残るのは絶望だけという状況で、二人は、懸命に生きていく姿が感動しました。

 

一方で、塩に侵され、もう助からない状態の人の切ない感情も見物です。

心揺さぶられ、自分が今生きていることに感謝すら覚えました。

 

最終的に、塩害をとめるために、秋庭は命をかけます。

真奈の命を守るために闘う男の姿は、やはりかっこいいなと思いました。

 

じれったい恋模様

秋庭と真奈の恋模様にもやきもきさせられました。

男気はあるが、恋には不器用な男の秋庭を見てると、イライラしました(笑)。

 

もうお互いの気持ちがわかっているはずなのに、どこか照れている秋庭はイライラしましたが、どこか愛嬌がありました。

 

結果的に二人は結ばれ、新たな命を授かります。

読者としては、どこかホッとしたいような気さえしました。

 

心揺さぶられっぱなし

有川浩さんの小説は、心理描写がとても上手で、感情移入できます。

本作も他の作品も、登場人物の葛藤や不安を見事に描いています。

人生において大切なことをそこで学べるような気もします。

 

僕個人の主観ですが、心理描写がうまい作家さんの小説はおもしろいと思います。

これからも有川浩さんの新作に期待したい思う次第。

 

塩の街 (角川文庫)

 

海の底 (角川文庫)

 空の中 (角川文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です