うつ病の症状をやわらげるには、セロトニンが大切らしい。

こんにちは、hiroです。

うつ病の人にとって必要なセロトニンについて、調べてみました。

セロトニンとは


睡眠や精神の安定に関わっている。

脳幹から放出される神経伝達物質のこと。

主な役割は、不安感や精神の感情を安定させ、落ち着かせる働きがある。

セロトニンが少なくなると


ストレスに弱くなる。

疲れやすくなり、無気力になる。

寝付きが悪くなる。

うつ病との関係


セロトニンは、精神を安定させる作用をもっているので、不足すると、精神の状態を崩しかねない。

うつ病の症状である、無気力や意欲の喪失などにもつながりうる。

セロトニンを増やす方法


朝日を浴びる

できれば1日30分以上は、朝日を浴びるようにする。

家の中の電気では、セロトニンの生成には不十分。

朝日の光が網膜に入り、脳にセロトニン放出の信号を送る。

昼間の光より、朝日の方が良い。

リズム運動

ウォーキングやジョギングなど、一定のリズムを刻むような運動が効果的。

一定のリズムがセロトニン神経を刺激し、セロトニンがより放出されやすくなる。

よく噛む

食事をよく噛むことで、セロトニンが分泌される。

スポーツ選手が試合中にガムを噛んだりするのも、精神を安定させるためであるとされている。

スキンシップ

スキンシップを行うと、幸福を感じるオキシトシンが分泌され、そのオキシトシンがセロトニンの分泌を助ける。

うつ病の僕が実践したこと


上記が資料を読んで調べたことを羅列したものです。

これらの知識を受けて、実際に僕が試した方法をご紹介します。

朝のウォーキング

朝7時30分頃に30分間のウォーキングを行います。

冬はまだ日が出ていないときもあるので、もう少し遅めです。

30分リズムよく歩いていると、体がポカポカしてきます。

夏であれば確実に汗が出るでしょう。

朝日を浴びながらのウォーキングは、新鮮な気持ちにさせてくれました。

空を見上げる大切さ

セロトニンスイッチは、目の網膜に光を入れることが大切だと思います。

下を向きながら歩くのは、効果半減かもしれません。

まっすぐ前を向くか、空を見上げながら朝日を浴びるといいかもしれませんね。

太陽の光を直接見るのは危ないのでやめましょう。

大事なのは、網膜に朝日の光を通すこと。

なので、空を見上げましょう。

有酸素運動

部屋にエアロバイクがあるので、それを15分ほど漕いでいます。

僕のやり方は、息が上がるような強度で運動しているので、15分で十分です。

呼吸が苦しくなってくると、嫌でも酸素を取り込もうとします。

運動することで、頭がスッキリするような感覚が得られました。

きつい運動をすることはおすすめできませんが、有酸素運動で、酸素をしっかり脳みそに届けることは大切です。

これから実践したいこと


スキンシップがいいといっても、僕にはする相手がいません。

もしかして動物でもいいのかなと思います。

将来的に、大好きな猫を飼いたいなと考えています。

毎日猫とじゃれれば、気持ちが楽になりそうな気がします。

今は飼えないので、動物園に行ったり、ふれあえる場所に出向こうかなと思います。

まずは朝日の光を浴びよう


うつ病は先行きが見えません。

僕もそうです。

未だに完治しておらず、いつまたひどくなるか、正直びくびくしています。

だったらいっそ、できることをやろうと思います。

まずは朝日を浴びることから。

生活が乱れがちで、朝寝る人もいると思いますが、朝日を浴びてから寝たらいかがでしょうか。

家の前でボーッと空を眺めるだけで、セロトニンが放出されるのは、おいしい話ですから。

僕もこれから毎日、実践していきたいと思います。

一緒にがんばりましょう。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告