「本気の育毛日記」継続中!

【ネタバレあり・感想】吉本ばなな・作「TUGUMI」を読んで。

こんにちは、hiroです。
今回は、吉本ばななさんの小説「TUGUMI」を読んだ感想を書きます。

 

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

 

この小説を読んで、生きることの力強さを感じました。

 

あらすじ

病弱だけどものすごく生意気な少女「つぐみ」

友人の「まりあ」は彼女に振り回されながらも、つぐみの輝く魂を感じていた。

そんなとき、彼女たちの前に、とある少年が現れた。

どこか涼しげな夏の夜風を感じさせる、切なく無垢な物語。

 

感想

僕はこの小説を読んで、つぐみという人間の力強さに圧倒された。

病弱で今にも倒れそうなのに、言動や行動は常に活発。

むしろ生意気すぎるほど、人間味のあふれる少女。

彼女の生きる姿に、僕は勇気づけられました。

 

爽快ともとれる彼女の振る舞いには驚かされましたが、彼女が懸命にもがき、苦しんでいるんだろうなぁということは、伝わってきました。

 

病弱であるつぐみは、友人のまりあに遺書を書き残します。

つぐみはもう自分が死ぬかもしれないと思い、自分の中にある苦悩や痛みを赤裸々に綴っていたのです。

最終的につぐみは死ななかったという結末になりますが、生き延びたのに、まりあに遺書を読ませるところが愛らしいと思いました。

 

つぐみをみて、まっすぐに生きることの美しさを感じました。

美しさというのは聞こえがいいですが、苦悩の中で自分に向き合うことの大切さを学んだのです。

 

人生、何が起こるかわからないですし、いつまで続くかさえもわかりません。

そんな中でも、自分を見つめ、一つ一つ結論を出していくことは、大変なことだと思います。

 

僕も病気になり、長い間寝たきりでした。

そんなときはいつも絶望しかありませんでした。

そして僕はその絶望に立ち向かうどころか、常に逃げ腰でした。

もっとまっすぐに見つめるべきだったと今になって思います。

 

なかなか思ってもできることではありませんが、それができるようになることが、自分を強くしていくことにつながるのではないだろうか。

この小説を読んで、つぐみの生きる姿をみて、自分を奮い立たせられそうです。

 

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です