【人生初】1000ピースのパズルに挑戦したが、「もう二度とやらない」と決意した。

こんにちは、hiroです。

今回は、「初めてパズルに挑戦した僕の苦しい心情」を書きます。

もう二度とパズルをやることはないでしょう(笑)

スヌーピーのパズルに挑戦


僕が今回挑戦したのは、スヌーピーのパズル。

300ピース ジグソーパズル PEANUTS うたた寝スヌーピー(26x38cm)

絵を見て,「シンプルで簡単そうだった」という理由で購入しました。

しかし、シンプルな絵こそ、意外に難しいということを痛感させられることとなりました。

1000ピースという無茶


初めてパズルに挑戦するに当たり、1000ピースを選んでしまったのは、反省しました。

1000もの欠片が散らばっているのを目の当たりにした瞬間に、後悔しました。

「もっと少ないピースのものを選ぶべきだった・・・」と。

シンプルな絵の罠


簡単そうだったのでシンプルなものを選んだ・・・はずなのに。

シンプルなものこそ難しいと痛感しました。

その理由は、似たような色の欠片がたくさんあるから。

そして、描かれている線が少なくて、欠片同士を合わせることが難しいからです。

同じようなものが山ほどあるので、組み合わせるのに苦労しました。

完成までの時間


トータルとして16時間かかりました。

完成した瞬間、「やったー!」という達成感よりも、「二度とやるか!」という怒りのが早くこみ上げてきました(笑)

あーでもない、こーでもないと欠片をつけては外しの繰り返し。

もう、嫌気がさしました。

頭もオーバーヒートし、熱を帯びていました。

「パズルってこんなに難しいんだ・・・」と、気軽に手を出したことを後悔しました。

もう二度と、パズルに挑戦することはないでしょう(笑)

この16時間の奮闘は、今後の自分にどのような影響を及ぼすのか、見物ですね。

完成したパズルのゆくえ


完成したパズルは、しっかりとインテリアとして活躍してくれています。

ただの絵ではなく、苦労して完成させた絵として飾られている姿は、なんだか愛おしさを感じます。

「二度とやらないと言ったけど、一度は経験して良かった出来事」かもしれない。

完成したパズルを見て、ふとそう思いました。

あなたももしよかったら、パズルのある人生を体感してみてください。

きっとイライラしますよ(笑)

300ピース ジグソーパズル PEANUTS うたた寝スヌーピー(26x38cm)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告