【感想・ネタバレあり】泡坂妻夫・作「湖底のまつり」。ラストでようやく物語がひとつにつながる。

こんにちは、hiroです。

今回は、泡坂妻夫さんの小説「湖底のまつり」の感想を書きます。

湖底のまつり (創元推理文庫)

この小説の帯に、ミステリー作家の綾辻行人さんが「最高の作品」と言っていたので、面白そうだなと思い、購入しました。

あらすじ


傷心旅行をしていた「香島紀子」は、自然豊かな山にある村で川に流されてしまう。

そこでロープでに助けられる。

その夜、紀子と男は結ばれるが、次の日の朝には、男の姿がなかった。

村に出向いた紀子は、そこで村人に男は1ヵ月前に殺されていたと聞かされる。

では、いったい誰が紀子を助けたのか。

張り巡らされた伏線を回収した先のラストの結末で、ひとつの物語が完成する。

謎が、読むのを夢中にさせてくれた


特にラストの紀子と男の再会には胸がときめいた。

本格ミステリを体感したい人には、ぜひおすすめしたい。

ミステリの醍醐味を味わえる。

僕がミステリを読む中で嫌なのが、先が読めてしまうことと、無理やり感があることである。

純粋にトリックに驚かされたいという気持ちがあるし、現実的じゃない伏線回収の仕方や、偶然の産物で解決してしまうような解決は嫌である。

しかし「湖底のまつり」は、伏線の回収が自然であり、違和感なく読むことができた。

泡坂妻夫ワールド


「湖底のまつり」の初版が1994年。

今もなお読み継がれているということは、それだけ読者に支持されているということ。

作者である泡坂妻夫さんはすでに亡くなられている。

もう新作を拝める機会がないのは、寂しい限り。

しかし、この小説は何度読んでも楽しめる小説だと感じる。

泡坂さんの他の作品はまだ未読だが、きっと面白いのだろうと感じる。

本屋でこの小説に出会えたことに感謝したい。

湖底のまつり (創元推理文庫)

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告