【感想ネタバレ】陳浩基・作「13・67」は何度でも読み返すと味が出る小説です。

こんにちは、hiroです。

今回は、香港人ミステリ作家である陳浩基氏の小説「13・67」の感想を書きます。

13・67

この作品は、週刊文春ミステリーと本格ミステリの分野で第1位に選ばれています。

綾辻行人さんや横山秀夫さんも高く評価しており、アマゾンのレビューを観ても評価がすこぶる高い小説です。

13・67の意味


小説の題名にもなっている「13・67」は、2013年と1967年を指しています。

この小説はおよそ2013年の出来事から始まります。

そこから時代をさかのぼっていくという逆年代記になっています。

あらすじとしては、ひとりの警察官の人生を香港の舞台で描いていく話となっています。

高レベルのミステリ


外国の小説なので、読むのに若干苦労しました。

けれど翻訳自体は結構わかりやすいと思います。

最初の1章から、ミステリの仕掛けに驚かされ、この本が本格ミステリとして非常にレベルが高いと感じさせられました。

寝たきりのクワン警部が、「まさかこんな手法で事件を解決に導いていくのか!」と第1章で意表を突かれ、その後のクワン氏の活躍に期待を寄せてしまいました。

実際、警察官であるクワン氏の活躍は見物です。

僕の頭脳では決して及ばない思考を巡らせ、事件を解決するために最上級の知恵を出していく姿は圧巻でした。

さらに当時の香港の社会事情も織り込まれており、非常に勉強になりました。

日本とは違う、香港独特の空気感が新鮮でした。

海外の本の中で1番


外国人作家の小説を今まで読んできて、1番の作品でした。

登場人物が横文字だと顔や表情をイメージしづらく、世界観に浸ることができませんでした。

それが理由で、外国の小説を敬遠してきたのですが、この本をきっかけに裾野を広げていこうと思います。

「13・67」は何度も読めば読むほど味が出てくると思います。

僕自身、生涯で手元に残しておきたい本のひとつとなりました。

13・67

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告