「本気の育毛日記」継続中!

【ネタバレ感想】「伯爵夫人」を読んで男の僕が思うこと。(小説)

こんにちは,hiroです。

 

今回は,小説『伯爵夫人』(蓮實重彦・作)を読んだ感想を書きます。

伯爵夫人

 

この本は,第29回三島賞の受賞作

まだ一度しか読んでいないので,世界観をイメージしづらいけれど,あらすじとしては,妖艶でミステリアスな伯爵夫人が,自身の体験をもとに,迫りくる戦争に警鐘を鳴らすというもの…なのかな。

 

話の内容はともかく,僕がこの本を読んで抱いた感想は,伯爵夫人のような女性に手引きされてみたいという欲求である。

 

僕自身,女性に対してはあまり知識がなく,どう接していいかすらわからないのが現実。

なのでこの伯爵夫人のような女性に出会ったら,おそらく手のひらで転がされるだろう。

 

話の内容を読む限り,伯爵夫人はかなり経験値が高い女性であることは間違いない。

大人の余裕と色気を兼ね備えた女性は,齢を重ねても魅力的だと思う。

 

伯爵夫人のような女性と出会うことで,男としての自分は成長できるのだろうか。

それとも,ただ手玉となり果ててしまうのか。

そんな妄想にふけりながら,この本を読みました。

 

小説自体は,アマゾンの評価を見ても,賛否両論です。

僕自身としては,内容はちょっと退屈な本だったかなぁと思います。

 

でも,もう一度読んでみようかなという気はある…。

余裕と自信に満ち溢れた女性の雰囲気に,もう一度のみ込まれてみたいからだ。

 

伯爵夫人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です